スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米の違い

2008年06月17日 05:49

 今日は、帰国後の仕事を兼ねて、久し振りに日本のプールへ入りました。ほんの数か月前まで当たり前のように行っていた仕事ですが、異様な違和感を覚えました。整列して、挨拶して、順番に泳いでいく一斉指導は、アメリカにはあまりない方法だと思います。思うに、日本では、物事を習得する以前に躾に近いマナーを学ぶことが多いです。またそれを望んでいる保護者も多いのではないでしょうか。挨拶の声が小さいとか、列が乱れているとか、本来の学ぶべき水泳とは異なる点で、指導されるケースが多いように感じました。

 順番なんて多少違っても、挨拶なんて適当にしても、まず泳ぐ練習をしようよと率直に感じました。だって泳ぎを習いに来てるんだもん。技術体力の成長曲線があるように躾マナーが一番身に付く年代ってあるのだろうかとふと思いました。これも人種、環境によって異なるのでしょうが、幼い内に学ばせるのがやはりいいのでしょうか。

 いずれにせよ、こんなかわいい子供相手の仕事は、とても羨ましい仕事だと思いました。小学校低学年の子供は日本人のほうが可愛らしいかもしれません。

See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/74-f5e0ba79
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。