スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子50m背泳ぎ(長水路)で従来の記録を1秒23更新する23秒10の世界新記録が樹立?

2009年06月14日 11:19

東京オリンピック2016を応援しよう TOKYO 2016 OLYMPIC GAMES BID COMMITTEE




 1984年のロス五輪から6期連続でアメリカの女子五輪代表コーチを務めたリチャード・クイック氏が、2009年6月11日に亡くなられたそうです。リチャードコーチは、オーバーン大学(78'-82')、テキサス大学(82'-88')、スタンフォード大学(88'-05')を経て、07年にオーバーン大学に復帰していました。ジェニー・トンプソン選手のコーチとして知られ、全米では知らない人はいない名コーチだったそうです。





 テキサス大学でコーチをしていたということで、昨日のレース開始前にリチャードコーチの功績を讃えるビデオが流され、黙祷をしました。リースコーチとともにアメリカ水泳界を支えてきた名コーチを失ったことはアメリカでは大きなニュースとなりました。


Statement from USA Swimming Executive Director Chuck Wielgus on the Passing of Coach Richard Quick (6/11/2009)



 さて、本日のテキサス大学でのレースで世界記録が樹立?されました。

090613.1



 男子50m背泳ぎ(長水路)で従来の世界記録を1秒23更新?する23秒10でした。






 バサロキックを得意とする選手で、50mすべてをバサロキックで泳いでの記録でした。当然失格でしたが、、、日本ではこんな事をしたらコーチはもちろん、水連の関係者、競技会運営者からお目玉を食らう大問題になりますが、ここではみんなからすごいと拍手喝采でした。エディーコーチも驚きの表情(良い意味で)で、すごいだろうと自慢していました。国が変われば物の見方も随分変わります。





 アメリカでは、長所/短所、良し悪しでは必ずポジティブな部分が評価されます。今回の件では、ルールを守らずレースをしたというネガティブな部分と、ルール違反とは言え、水中ドルフィンで50mを23秒10で泳いだというポジティブな部分がありますが、ポジティブな部分を過大評価し、ネガティブな部分を過少評価していました。とても面白い視点だと思います。





See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/397-9e868c66
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。