スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温故知新 古きをたずねて新しきを知る

2009年06月11日 13:38

東京オリンピック2016を応援しよう TOKYO 2016 OLYMPIC GAMES BID COMMITTEE




 テキサス大学では、テーパー期に入りトレーニングスケジュールが変則的になっていて、今日はオスでした。今後は個別にスケジュールが変わってくるので、より複雑なスケジュールになります。




 今日の午後のオフを利用して、オースティンの歴史を知る学生ツアーに参加してきました。最近は、最新のトレンドを追うより、古きを知ることに興味を持っています。これは一つの分岐点なのではないかと感じています。




 おそらく、多くの若手のコーチは、最新のトレーニング理論やまだ誰も知らない情報などを収集することに関心を持ち、よりトレンディーなコーチングを行おうとするのではないかと思います。一方、ベテランコーチは、コーチングの原理や哲学的思考などの時代は変われど、現在も受け継がれる原理原則、いわば格言・名言、思想真理などを追う人が多いのではないかと感じています。180°逆方向のアプローチですが、こういう分岐点に立つ日が遅かれ早かれ訪れるのではないかと思います。




 学生時代は、教育原理、教職概論、道徳教育論、教育方法論など、教職課程を履修していた人なら誰もが聞いたことのある堅苦しい科目を履修する意味、必要性に疑問を感じていましたが、今はもう一度勉強し直したいと感じています。飲みニケーションだと言って、クラス全員で飲みに行って意外にも熱い議論をして、帰りに早稲田大学校歌をみんなで歌って解散した我々は、とても純粋に教育に携わる人間としての情熱と意識を持っていたと思います。




 水泳のコーチという立場以前に教育に携わる人間として、教育の原理原則、歴史的背景、哲学的思想などをもう一度見直してみたい、そんな感覚を覚えるほど、アメリカの教育指導力には脱帽するところがあります。




 おそらく先輩コーチは、こういう原点回帰、コーチング哲学の習得の必要性を重々承知していてもを若手コーチに強いることはないと思います。でもいずれ通る道になることは承知なのではないかと思います。こういう意識を感じられる場所、テキサス大学、そしてエディーコーチは私にとって、原点となる場所になるだろうと感じています。将来はエディーコーチのような偉大なコーチになりたい、そんな想いを持つ今日この頃です。



See you NEXT !
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/395-566e7b78
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。