スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化する記録 本当に水着の効果なのか (2)

2009年06月07日 03:15

東京オリンピック2016を応援しよう TOKYO 2016 OLYMPIC GAMES BID COMMITTEE





進化する記録 本当に水着の効果なのか (1)


Another revealing statistic is the sustained rate of improvement by the same swimmers one year after the latest generation of suits was introduced. Many elite swimmers are smashing their own person records set a year ago wearing the same suits. How do the suit critics account for this widespread, sustained improvement?
(他の統計では、新型の水着(LZR)が登場した以降の同一選手における記録の更新率を明らかにしている。多くの一流選手は同じ水着を着用した前年の自己記録を更新し続けている。なぜ(LZRを代表する)新型水着が世界に広まった以降も記録が更新され続けるのだろうか?)

In fact, at the Beijing Games, some swimmers wore multiple suits, layering them in an attempt to gain an advantage, an ethically questionable practice no longer allowed. Based on this rule change, times should be getting slower, not faster. Furthermore, if the performance boost from these suits is anything approaching what their opponents claim, the fact that several active world record setting swimmers have not set person records in the new high-tech suit era is inexplicable. Apparently, they are not good speedboat drivers.
(事実、北京五輪では、よりアドバンテージを得るために水着の重ね着をする選手もいた。倫理的に疑わしい行為はこれ以降許されなかった。ルールの変更により、記録(の更新)は落ち着くと思われた。さらに、もし新記録が、異論者が唱えるような疑わしい(高速)水着でない(承認)水着で樹立されたとしても、世界新記録を更新し続ける選手に対して、高速水着が登場した今の時代では、自己記録にも及んでいないのではないかと解釈する事実もある。明らかに水着のおかげだと。)

Drag Coefficient
(抵抗係数)
The new suit fabrics create less drag. That's really the most important thing they do.
(新水着の素材は抵抗を軽減する効果がある。これが、最も大きな要因だ。)

Although the suits may make swimmers feel more buoyant, they do not float as many critics claim. It's not the so-called "air-trapping" quality that accounts for the suits' effectiveness. Drag is by far the greatest obstacle in swimming, not gravity.
(たとえ新水着が選手に浮力を感じさせるとしても、批判を浴びるほどの浮力は出ない。水着効果の原因と一概に言われる“エアートラッピング”とは違うものである。水泳競技に最も大きな影響を与える要因は重力でなく抵抗である。)

The fastest swimmers are not the most buoyant. It is far more advantageous to be streamlined than to carry extra body fat. With nearly half of short course races swum underwater, it is hard to see how positive buoyancy would be helpful anyway. The tech suits reduce drag at the expense of feel for the water and range of motion, which is probably why most 2008 Olympic swimmers choose not to wear the full body versions.
(浮力のある選手が速い選手ではない。浮力を生む体脂肪をつけるより抵抗を減らすストリームラインを習得した方がはるかにアドバンテージになる。短水路の競技では、レースの約半分は水中を泳ぐ。どれほど浮力が記録に影響しているか判断するのは難しい。高速水着(LZR)は水の感覚や動きやすさを犠牲にして抵抗を減らした。だから北京五輪で多くの選手はフルボディースーツの着用を拒んだのではないだろうか?)

The advantage these suits provide is real, but overstated. The polyurethane suits are not disproportionately faster than the previous generation of suits. Polyurethane is more slippery than lycra and maintains this property far longer because it cannot become waterlogged.
(新型水着が記録の更新を助長したのは事実である。しかし誇張しすぎである。ポリウレタン製の水着(新世代の水着)は、旧世代の水着(LZR)よりも記録を生みやすい。ポリウレタン素材は、ライクラ素材(合成繊維)よりも抵抗が少なく、浸水しないため効果がより持続する。)

Making suits that are more streamlined and more slippery is a time-honored tradition in our sport. Polyurethane and other hydrophobic materials are the next logical step in a long progression of fabric and suit design. This evolutionary step is arguably no more than the advantage of nylon over wool, and lycra over nylon. Who gets to decide that fabric evolution must stop now? Why should swimmers be required to compete in waterlogged materials? How does that make the sport more "pure"? Is FINA working with a coherent and consistent framework and prepared to handle the nuance of sorting out emerging technologies?  
(姿勢を維持し、抵抗を軽減する水着を作ることは、水泳競技では昔ながらの伝統手法であった。ポリウレタン素材や他の疎水性素材は素材やデザインの長期スパンでの次のステップである。この進化の(次の)ステップは間違いなく(過去に起きた素材の革命である)毛織物を超えるナイロン素材、ナイロン素材を超えるライクラ素材の登場程度であろう。誰にもこの素材の革命を止める権利はない。どうして浸水素材の水着のみで競い合いをしなければいけないのか?どうすればスポーツを純粋なものにできるのか?FINAは、一貫性のある矛盾のない枠組みで、技術革新を解決しようとしているのだろうか?)

If not the suits, what is it?
(水着でなければ何なのか?)
World records are falling with uncommon regularity. But why? It's not just the suits (although they certainly play a role) and it's not rampant doping (although there is undoubtedly some drug boosting going on somewhere).
(世界記録はいままでにない規則性で更新されている。しかしなぜ?(この原因は)水着だけではない。(もちろん水着も関係している)規制できないドーピングでもない。)




See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/392-44ecac5f
この記事へのトラックバック


RECENT ARTICLE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。