スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化する記録 本当に水着の効果なのか (1)

2009年06月06日 13:15







以下、Swim Infoからの引用です。(Reference from Swim Info)


Record Evolution: It May Not All Be In the Suit -- June 3, 2009
(記録の進化:すべてが水着によるものなのか)
Guest editorial by David Guthrie

Why the Revolution?
(なぜ進化する?)

Swimmers are getting faster. Lots of them. A quick review of the 2008 World Rankings boggles the mind, and 2009 is shaping up to be even faster and deeper. Clearly, swimming is in the midst of a revolution. Why the sudden change in the landscape of performance? Why do world records suddenly seem to fall with unprecedented regularity? This current evolutionary leap has many guardians of the sport confused and angry. They point to the new suits as the cause of the upheaval. "These suits are terrible for the sport!" they cry. "It's out of control. These performances are ruining the continuity and the integrity of the sport!"
(記録が止まらない。例外はない。2008年の世界ランクの速報には驚かされる。2009年はさらに加速を見せる。明らかに水泳競技は進化の真っただ中にある。なぜ状況が急激に変化したのか?なぜ一斉に世界記録が空前の更新をされ続けるのか?最近の急速な躍進は多くのスポーツ関係者を 困惑させ、憤慨させた。彼らはこの激動を引き起こしたのは高速水着だと指摘する。“統制不可能だ。驚異的な記録の進化はスポーツの歴史と秩序を破壊している。”)

Times are supposed to get faster, but apparently, only at some preconceived rate established through the sport's own brief history. Whatever that gradual rate is supposed to be, according to whomever it is who gets to decide, the improvements over the past year exceeded it. But is this kind of evolutionary acceleration really unprecedented? Or is it just our misperception of our own history?
(記録は更新されるものだ。しかし、過去の歴史に見た予測範囲内でという前提だ。記録の更新が加速するのも分かる。偉大なスイマーが大幅に記録を更新した過去がある。だが、その類の進化の加速は本当に不測の事であったのだろうか?それとも予測の甘さだったのだろうか?) 


It is true that this transformation coincides with the introduction of new suit technologies.
(昨今の記録の進化は新型の高速水着の登場と複合して起きたことは事実である。)

But it is a common human mistake to see two simultaneous events and jump to conclusions about their connectedness, to see cause and effect where it doesn't necessarily exist. In the case of the current record book assault, alarmed coaches and officials have made the assumption that high-tech suits have distorted the playing field. Zeroing in on the suits tends to be self-reinforcing and ignores the many other developments that are, in fact, much more influential in the recent performance leaps.
(しかし複数ある要因から1つの結論を出すこと、原因を追究しあたかもな効果を述べるのは本来より持つ人間の愚かさである。更新される続ける世界記録に異論を唱える今回のケースでは、危機感を募らせたコーチ、関係協会が、高速水着が水泳界を崩壊させると仮想したと考えることができる。水着の影響を公平にする一方で記録更新に関わる他の多くの要因を無視した。実際、記録の更新に影響する多くの要因が存在することは紛れもない事実である。)

Too Much Credit (or Blame)
(過剰反応(過剰批判))
One American Olympic coach (and LZR advocate) recently lashed out at the polyurethane suits saying, "It's totally out of control. Now, we're into speedboat driving!"
((LZR着用を推進した)ある米国五輪コーチがポリウレタン素材を使用した水着に対し“統制しようがない。すさまじい勢いで世界は動いている”と非難をした。)

But the data says something different: The suits are getting far too much credit (or blame) for the recent leaps in performance. If the suits are ersatz speedboats, physics would say that the longer the race, the greater the advantage. So, why haven't distance records been smashed proportionately? The 1500 records should be at least 30 seconds to 1 minute faster if the boost from the new suits is what the critics claim. But that expectation isn't supported by the data. An inventory of suit choices by male swimmers (almost all females wear full body suits for obvious reasons) in the 2008 Olympics reveals some interesting statistics.
(しかしデータはやや異なる見解を持つ。水着騒動が記録の進化に及ぼす影響はある。仮に水着にそれほどの効果がなくとも、パフォーマンスにはプラスに働く。なぜ長距離種目には比例した記録の更新が見られないのだろうか?1500mでは少なくとも30秒~1分の記録の更新があってもいいはずだ。しかし、データはその予測に反する。男性選手(多くの女性選手は明らかな理由からフルボディースーツを着用した。)が2008年の五輪で選択した水着は興味深いデータを残している。) 

* In the men's 1500 free final, 7 out of 8 finalists wore full body suits, yet the world record was not threatened.
(男子1500m自由形決勝。8人中7人がフルボディスーツを着用した。しかし、世界記録は更新されず。)

* With the exception of the 50 and 100 freestyle, and 100 fly events, only about 25 percent of the male swimmers who qualified for the semis and finals in Beijing wore full body suits, and far fewer finished on the podium. In each of the men's breaststroke finals, for example, only 2 out of the 8 finalists opted to wear body suits. The vast majority wore leggings.
(50m、100m自由形、100mバタフライを除いて北京五輪で準決勝、決勝に進んだ男性選手の25%しかフルボディースーツを着用していない。そして、表彰台に上がった選手は極めて少ない。男子平泳ぎ2種目の決勝では、具体的には8人中2人がボディースーツを着用した。大多数はレッグスーツであった。)

* Notably, even in the events dominated by full body suits, the gold medalists of the 400 free and 100 fly wore leggings.
(特に、フルボディースーツが多い中、400m自由形、100mバタフライの金メダリストはレッグスーツであった。)

* Wearing only leggings, breaststroke champion Kitajima swam within .13 of the WR he set earlier in the summer wearing a full body suit.
(レッグスーツのみを使用した平泳ぎ王者Kitajimaは、直前にフルボディースーツで樹立した世界記録に0.13と迫る記録をレッグスーツでマークした。)*この部分はおそろく筆者の誤解

* Michael Phelps wore leggings in 15 of his 17 races when he accomplished his historic feat (exceptions: 4x100 free relay and 200 free final).
(Michael Phelpsは、17レース中15レースをレッグスーツで泳いだ。(4x100mリレー、200m自由形を除く))

* Collectively in seven of the men's individual events—100 and 200 backstrokes, 100 and 200 breaststrokes, 200 and 400 IMs, and the 200 fly—the number of medalists who wore full body suits was a grand total of zero.
(まとめると男子個人7種目- 100m、200m背泳ぎ、100m、200m平泳ぎ、200m、400m個人メドレー、200mバタフライ-でのフルボディースーツを着用したメダリストは0あった。)





 時間があれば続きをアップします。最近は英文と向き合う時間がさらに増えました。情報を収集する能力は可能な限り磨き続けたいと思っています。電子辞書の電池が1週間で無くなる驚異的な消耗を見せています。ここまで活用した道具は今までなかったと思います。





See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/391-2c0cffa4
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。