スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予期したハードワーク

2009年05月17日 01:53

東京オリンピック2016を応援しよう TOKYO 2016 OLYMPIC GAMES BID COMMITTEE




 今日は、ジュニアロングホーンが女子の大学生チームと合同でトレーニングをしていました。テキサス大学&ロングホーンアクアティクスは理想的な一貫指導のチームで、年齢を超えた競い合いの出来るチームであります。




 メインセットは、

-長水路メートル-
≪SPRT& MID≫
3rounds
4*200 @ 5'00", 4'30", 4'00", 3'30"/1t ALL FAST

≪LONG≫
2rounds
1*800 @ 12'00" FAST
1*500 @ 7'30" 800's Pace


 とてもいい雰囲気でトレーニングが出来ていました。ロンググループでは高校生が大学生を追い込む場面もあり、選手自身も刺激的なトレーニングだったのではないかと思います。




 一方、男子大学生チームは、


-長水路メートル-
W-up
4*200 @ 3'15"
4*50 @ 1'00" Kick
3*200 @ 3'05"
4*50 @ 1'00" Kick
2*200 @ 2'55"
4*50 @ 1'00" Kick
1*200 @ 2'45"
4*50 @ 1'00" Kick

Swim
8*50 @ 50" odd: Build, even: 25 FAST+25 easy

Main Swim

≪SPRT≫
4*100 @ 8'00" FAST

≪MID≫
6*100 @ 6'00" FAST

≪LONG≫
6*250 @ 5'00" FAST

Loosen Down 15minutes


 今日もロンググループを担当しました。まだ、少数派のロンググループや平泳ぎグループを見る事が多いので、タイム取りは少人数で済みますが、重要なのはどう声掛けをするかで、モチベーションを高く保ってもらうために思考錯誤しています。今日は、100m、200mのラップタイムを計り、休息時間中に選手のラップを読み上げ、持ちこたえられる距離までタイムを落とさず維持してもらうように努めました。




 長距離のエース、マイケル選手は、

1st: 1'00"0、2'05"0、2'37"7
2nd: 1'00"4、2'06"2、2'37"6
3rd: 1'00"8、2'05"6、2'37"1
4th: 1'00"3、2'05"4、2'37"3
5th: 1'00"9、2'07"1、2'37"7
6th: 1'01"8、2'06"8、2'37"6

 のタイムで泳ぎました。昨夏、同メニューをやった時よりもタイムが良く、とても満足げな様子でした。こういう満足度の高いトレーニングの積み重ねが選手を成長させていくのだと思います。目標はもちろん世界選手権の代表権獲得で、ライバルとなるのは、ピーター・バンダーケイ選手(クラブウルバリン)、チャド・ラトウレット選手(スタンフォード大学)あたりになるのだと思います。エリック・ベント選手やラーセン・ジェンセン選手の動向は不明ですが、彼からが出てくるようであれば、代表権のラインは厳しくなります。安定的に予選・決勝と14分50秒が出せれば、ぐっと手中に迫ってきます。





 さて、土曜の午後は自由時間です。外はテキサス名物の嵐で、1日書き物に没頭する日になりそうです。



See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/373-d2494cb3
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。