スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC決勝 感動をありがとう!

2009年03月24日 17:58

東京オリンピック2016を応援しよう TOKYO 2016 OLYMPIC GAMES BID COMMITTEE




 今日は、午前中に語学学校へ行き、午後からは引越しの手続きの関係で関係各所をはしご、、、最近は、営業の外回りでもしているかのように、オフィスを転々とする毎日です。アポを取って、訪問して、たわいもない話をしつつ本題の話もしつつ、、、こういう仕事もなかなか大変な部分があります。




 今日の夜はスポーツバーでも予約を入れて友達同士でWBCでも見つつ、お酒でも飲んで過ごそうと思っていた矢先、WBCのチケットがあるから一緒に行かないかと、早稲田大学の大先輩からお誘いを受け、肩の荷が下りる思いでWBCへ行かせていただきました。こういう巡り合わせも偶然ではなく必然なのでしょうか。フッと溜まっていた疲れから解放される気分でした。



090323.1

090323.2

090323.3

090323.4


 熱戦に継ぐ熱戦で、とてもいい試合でした。序番から日本のペースでゲームが進行するも中々打線が繋がらず、一進一退の展開。延長までもつれ、結局は期待されていたイチロー選手がゲームを決めてくれました。9回にも10回にも一番の山場でイチロー選手の打順になり、2回とも安打で結果を出してくれました。言葉に出来ない感動がそこにはありました。



090323.5

090323.6

 今日は、グランド脇のブルペンが覗ける席からの観戦で、テレビには映らない裏方の様子もうかがい知ることが出来ました。好投を続けた岩隈投手の次になる投手は、いつ呼ばれてもいいように試合中ずっとコンディション維持のため投球を続けていました。裏では、杉内投手、藤川投手、ダルビッシュ投手、田中投手が2つあるブルペンを交替で投球練習に充て、臨戦態勢を整えていました。その中でずっと捕手を務めた阿部選手もしっかりとチームを支えていました。


090323.7

 岩隈投手の後を受けて指名された杉内投手をブルペンから送り出す時、そこにいた選手、コーチ全員が想いを託すように送り出した状況を見ていると、皆気持は1つだと感じる事ができました。観客の比率は圧倒的に韓国の方が多かったですが、日本も負けじと応援を繰り返し、それが少しでも伝わればと必死でした。私も声はガラガラです。



 9回裏に同点に追いつかれた時は、かなり厳しい状況でしたが、必ず逆転できるという雰囲気はありましたし、10回の攻撃で、2アウトでイチロー選手に打順が回ってきたのも、WBCへの強い想いが、こういう運命的な瞬間を運んで来たのだと思いました。


090323.8

090323.9


 スポーツには不思議な力があると思います。WBC観戦のためにアメリカを訪れたという大学生や家族連れのファン、旅行代理店のツアーでアテンドをしているスーツ姿のガイドさんなどとお話をしましたが、みんな一様に日本代表という媒体で一体感を感じていたと思います。感動的な一幕でした。




 今日はとても多くを学びました。もう深夜2時だというのに興奮冷めやらぬ感覚です。



See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/321-f54c9a6e
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。