スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC日本勝利で決勝へ

2009年03月23日 15:12

東京オリンピック2016を応援しよう TOKYO 2016 OLYMPIC GAMES BID COMMITTEE




 今日は午前中に事務系の仕事と引っ越しの準備を少々行い、午後からはいざWBCへ!



090322.1


 結果的に2夜連続の観戦となりました。

090322.2


 先発の松坂投手は、早々にグラウンドでウォーミングアップを始めていました。キャッチボールのパートナーをしてた選手は、完全に松坂投手のためのウォーミングアップになるよう、捕球すればすぐに返球して、次球の間合いはすべて松坂選手が取るようにさせていました。各個人、与えられた仕事を忠実にこなしているようでした。また、ファンの視線に立って、見せるアップのやり方などはプロの仕事そのものでした。


090322.3

 松坂選手のウォーミングアップに群がる観衆


 そして、ゲームは始まり、

090322.4


 まさかの先頭打者ホームランで幕開け、、、日本の観衆は悲鳴を上げて物々しい雰囲気の中見守るしかありませんでした。


090322.5

 先発、松坂投手

090322.6

 不調の中、要所で安打を記録したイチロー選手。日本チームの一番人気でした。


 会場の雰囲気を少しだけ、、、




 日本ではしばしば問題事になる国歌“君が代”ですが、異国の地で聞くと、とても誇りに思いますし、観客席で日の丸を振る大勢のファンを見ると、スポーツは偉大だと思いましたし、この中でプレーできる事のすばらしさも感じる事ができました。



 今日はやはりアウェーとあって、会場の音響機器の操作はアメリカ寄りに行われていましたし、アメリカの反撃となった8回表のアメリカ側の攻撃は、“USAコール”で包まれました。この完全アウェーの雰囲気の中で、力を発揮できるのは、やはりメジャー経験者であったり、海外遠征を積み重ねた選手だけではないかと感じました。これが世界の大舞台であるのかと肌身で感じ取ることが出来たのは、とても貴重な経験になりました。




 今日のゲームを見ていて、世界と戦い抜き続ける力は、1回1回のゲームで総力を結して戦う事と同時に、将来を見据えて、次に力になるであろうを選手を舞台に立たせておくという事が重要に感じました。昨日、日本から緊急招集された栗原選手は、決勝のゲームを見据えて、代打で起用させていましたし、先発の松坂選手の後は、約1イニング交替で杉内選手、田中選手、馬原選手、ダルビッシュ選手と継投をしていました。個人的には、“まーくん”こと田中選手の出来が最高に良かったと思っていましたが、1イニングで交代となりました。“勝つこと”と“次につなげる事”は一体となって進めていかなくてはいけないと強く感じました。




 この考えは、指導者の立場として、心に留めておかなくてはいけないと思いました。強い選手が出てくるとその選手に集中しがちになりますが、次世代、次世代と育成を進めておかなくては、せっかくの繁栄にも必ず陰りが出てくると思います。そこまで考えられる余裕を持ち続けなければいけません。




 さて、明日の決勝戦ですが、喉から手が出るくらい見に行きたいのですが、チケットも決して安いものではないので、仕方なく諦めるつもりでいます。チケット、駐車場代、飲食代を合わせると軽く1万円は超えてしまいます。昨日はチケットだけで、1万円を超えていました、、、しかし、それ以上の価値は十分にあったと思います。来週観戦予定の世界フィギュアスケート選手権は、さらに高額になるのと、妻が大のフギュアファンなので、心苦しいところです。




See you NEXT !


 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/320-70b9629e
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。