スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水着に関する新ルール、今年の施行は見送りか? 水着問題に関するFINA会議

2009年02月21日 05:44






Lausanne (SUI), February 20, 2009 – FINA, represented by its Executive and Technical Swimming Commission, Legal, Coaches and Athletes Commissions' representatives, held today a meeting in Lausanne (SUI) with representatives of 16 swimwear manufacturers in order to examine amendments of the current ‘FINA Requirements for Swimwear Approval'.
(2009年2月20日。スイス・ローザンヌ。 - 実行委員、技術水泳委員、規定、コーチおよび選手委員のそれぞれの代表組織にあたるFINAは、現在の“FINA水着承認の条件”の修正を検討するため、16の水着メーカーの代表者とスイス・ローザンヌで会議を行った。)


Based on FINA's proposals and contributions discussed at the meeting, the FINA Bureau at its meeting on March 12-14, 2009 in Dubai (UAE) will consider amendments which include:
(FINAの提案、尽力をベースに、会議で議論が行われ、2009年3月12日から14日にUAE・ドバイで行われる会議で以下の修正点を検討することとなった。)


• DESIGN: The swimsuit shall not cover the neck and shall not extend past the shoulders nor past the ankles;
(・デザイン: 水着は、首を覆ってはならず、肩、足首から先を覆うものであってはいけない。)

• MATERIAL:
o The material used shall have a maximum thickness of 1mm;
o When used, the material shall follow the body shape;
o The application of different materials shall not create air trapping effects;
(・素材:
o 使用素材の最大の厚みは1mmまでとする
o 使用時に、素材が体型に沿わなくてはいけない
o 異なる素材の縫合に、エアトラッピング(特殊)効果を用いてはいけない)

• BUOYANCY: The swimsuit shall not have a buoyancy effect of more than 1 Newton (100gr);
(・浮力: 水着は、1ニュートン/100gr以上の浮力効果を持ってはならない)

• CONSTRUCTION: Any system providing external stimulation or influence of any form (e.g. pain reduction, chemical/medical substance release, electro-stimulation) is prohibited;
(・構造: 外部刺激やその他作用に影響するいかなるシステムは禁止する。(例: 鎮痛作用、電気刺激などの化学・医学的物質の解放))

• CUSTOMISATION: All swimsuits of an approved model must be constructed in an identical fashion with no variation/modification for individual swimmers from the samples submitted for approval;
(・特注: すべての承認を受けた型の水着は、個別に採寸する場合、差異、変更のない承認を受けた同一型で作製されなくてはいけない。)

• USE: The swimmer can only wear one swimsuit at a time;
(・使用: 選手は、同時に1着の水着のみ着用できる)

• CONTROL: FINA will establish its own independent control/testing programme. Scientific testing will be conducted by a team led by Prof. Jan-Anders Manson, from the Swiss Federal Institute of Technology (EPFL) and Laboratory of Polymer and Composite Technology;
(・管理: FINAは、独立管理・調査プログラムを設立する。科学的テストは、専門家主導の組織によって行われる。Jan-Anders Manson氏:スイス連盟技術研究所(EPFL)、ポリマー・複合技術研究所)

• APPROVAL: Swimwear manufacturers will be able to make submissions for approval of swimsuits until March 31, 2009.
(・承認: 水着メーカーは2009年3月31日まで水着承認の申請ができる)


In a further step, rules applicable from January 1, 2010 will also be examined by the Bureau. One of the main aspects to be considered is the limitation of the use of non-permeable material.
(次の段階として、2010年1月からのルール適用についても検討される。検討すべき主要局面の1つは、不透過性の素材の使用制限である。)


"FINA has studied this matter very carefully, and together with all interested parties and the scientific expertise of EPFL, we have reached the best possible result.
(“FINAは、その事柄について全関連組織、EPFLの科学専門家とともに慎重に研究しており、最良の可能な結論に至った。)


"With these amendments, FINA shows that it continues to monitor the evolution of the sport's equipment with the main objective of keeping the integrity of sport. While we need to remain open to evolution, the most important factors must be the athletes' preparation and physical condition on achieving their performances", considered FINA President Mustapha Larfaoui.
(“これらの修正点をもって、FINAは、スポーツの倫理性を保つという目的を備えつつ、スポーツ用具の進化の監視を継続する意向を示した。一方、我々は、開発競争の門戸を開く必要があると同時に、パフォーマンス発揮の為に最も重要な事は、選手の日々のトレーニングやコンディションであるはずだ。”とMustapha LarfaouiFINA代表は論じた。)


FINAホームページより引用 原文優位




See you NEXT !
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/295-a4c54ecd
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。