スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCLA戦 & Grand Prix.

2009年02月14日 16:59






 最悪な天候、ゲリラ豪雨の中、競技は行われました。

090213.1

 今日のUCLA戦は、今シーズン最後のホームゲームであり、最後の対抗戦でした。NCAAへ向け、ここからは本格的に記録との戦いになります。基本的に全米で各種目21名しかエントリーできないNCAA。超ハイレベルな自動選考A標準を突破すれば、出場は確定、しかしA標準は皆が手が届く記録ではなく、先日紹介した通り、日本記録よりも速い標準もあるレベルの高さ。今シーズンの対抗戦などから作成されるランキングを元に、来月中旬に出場者が決定するシビアな戦いです。言いかえれば、A標準が突破できるエリート選手には、十分なトレーニング期間が確保されるという仕組みでしょうか。


090213.2


 UCLAはすごく良いチームでした。随所にエース級の選手がいて、午前中はほぼ互角の得点で折り返し、USCの得点種目の平泳ぎで少し差が開き始め、僅差でUSCが勝ちました。


090213.3

 
 レース後は、保護者を含めた卒業生を送るバンクイットを行い、チーム全員で戦う対抗戦の締めくくりをしました。やっぱり女子選手は涙目になっている選手が多かったです。一方、男子選手は腹一杯食べる食べる、、、、、今後は、記録上位層によるPac-10 Confernce(太平洋岸の大学対抗戦)、NCAA(全米)と対抗規模を広げて競技が行われていきます。




 Grand Prixでは、オウス選手が200m自由形を1分47秒28で優勝。社会人選手は別ルートで、世界選手権の道のりを歩んでいます。

090213.4





See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/290-4373bef5
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。