スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高地トレーニングのメッカ 北アリゾナ大学高地トレーニングセンター(フラッグスタッフ市)が閉鎖へ

2009年01月22日 14:33






 過去最高?の長文投稿です。これで1日潰れるのもたまにはいいでしょう。たまには、、、



 日本代表も多く利用していたフラッグスタッフにある北アリゾナ大学の高地トレーニングセンターが閉鎖になったとありました。閉鎖の理由などの詳細は不明ですが、現場のコーチ陣には影響のある出来事です。


On January 20th, 2009, The NAU Center for High Altitude training closed.
(2009年1月20日 北アリゾナ大学 高地トレーニングセンターの閉鎖)

Since 1968, Flagstaff has hosted elite endurance athletes for training, seeking an altitude environment in which to prepare for the Olympic Games. We're proud to have been one of the world's leading altitude training resources and will regret the loss of this world-class training environment. We send our sincere appreciation to the Flagstaffcommunity and to the students, faculty, and staff at Northern Arizona University for their support.
(1968年より、フラッグスタッフはトレーニング場所として、五輪に向けて高地環境を求めてきた一流長距離選手を受け入れてきた。我々は、世界の高地トレーニング地の1つとしてリードしてきた事を誇りに思い、世界クラスのトレーニング環境を失う事を残念に思っている。我々は、フラッグスタッフ地域、学生、機関、北アリゾナ大学の関係者に感謝の意を贈ります。)


Since its opening in 1994, the Center has hosted elite athletes from around the world, helping them to achieve their performance goals.
(1994年のオープン以降、当センターは、世界各地の一流選手を受け入れ、彼らの目標達成の手助けをしてきました。)


Elite athletes training through the Center have won 213 Olympicand Paralympic medals since the 1996 Games in Atlanta.
(当センターでトレーニングを行った一流選手は1996年のアトランタ大会以降オリンピック、パラリンピックで計213個のメダルを獲得しました。)


Since 1994, the Center hosted more than 6,000 team members from 4 countries in 16 different sports.
(1994年以降、4ヶ国、16競技から成る6000名以上のチームメンバーを受け入れてきました。)


Medal Count for Beijing Olympic Games(2008 Olympic Medalists Who Trained at NAU)
(北アリゾナ大学でトレーニングを行い、北京五輪で獲得したメダル合計)

Australia - Swimming
Stephanie Rice Gold Women's 400m Individual medley
Gold Women's 200m Individual medley
Eamon Sullivan Silver Men's 100m Freestyle
Silver Men's 4 x 100m Medley Relay
Bronze Men's 4 x 100m Freestyle Relay


Austria - Swimming
Mirna Jukic Bronze Women's 100m Breaststroke

Canada - Triathlon
Simon Whitfield Silver Men's Triathlon

Denmark - Swimming
Lotte Friis Bronze Women's 800m Freestyle

Germany - Swimming
Britta Steffen Gold Women's 100m Freestyle
Gold Women's 50m Freestyle

Italy - Swimming
Federica Pellegrini Gold Women's 200m Freestyle
Alessia Filippi Silver Women's 800m Freestyle

Japan - Swimming
Kosuke Kitajima Gold Men's 100m Breaststroke
Gold Men's 200m Breaststroke
Bronze Men's 4 x 100m Medley Relay
Takeshi Matsuda Bronze Men's 200m Butterfly
Reiko Nakamura Bronze Women's 200m Backstroke
Junichi Miyashita Bronze Men's 4 x 100m Medley Relay
Takuro Fujii Bronze Men's 4 x 100m Medley Relay
Hisayoshi Sato Bronze Men's 4 x 100m Medley Relay

Norway - Swimming
Alexander Dale Oen Silver Men's 100m Breaststroke
Sara Nordenstam Bronze Women's 200m Breaststroke

Medal Total: 22 Gold: 7 Silver: 5 Bronze: 10

北アリゾナ大学高地トレーニングセンターホームページより引用  原文優位



 日本の水泳競技のメッカとも言える存在でしたが、それが無くなるということです。興味深い事に、アメリカの施設であるのに、アメリカの選手は来ていないという事。これは、コロラドスプリングスのナショナルトレーニングセンターの存在が大きいと思いますが、どれくらいのアメリカ人コーチ、選手が高地トレーニングの効果を期待しているかは不明です。USCでは、高地トレーニングはやらないと言っていましたし。近年の競技力向上を支えたこのトレーニング方法の行方が、ドーピング疑惑を含めて今後どうなるかじっくり精査していかなくてはいけない議題であります。




 水着ルールに関して1点。アメリカがエイジグループの水着制約に関し、声明を発表したそうです。


USA Swimming Distributes New Interpretation Regarding Suit Restrictions for Age Groupers -- January 21, 2009
(USA Swimmingは、エイジグループの水着制限に関する新たな説明を配信 2009年1月21日)

COLORADO SPRINGS, Colorado, January 21. IN a memo sent out by the USA Swimming Rules & Regulations Committee this week, USA Swimming has incorporated religious and medical issues into its latest suit restrictions for age groupers.
(コロラド州コロラドスプリングス、1月21日。USA Swimmingのルール、規定委員会が先週配布したメモによると、USA Swimmingは、エイジグループの最新水着の制限に厳正かつ医学的観点を加えたとしている。)

According to the memo: (メモによると)

The amended rule, which will become effective May 15, 2009, reads as follows:
(2009年5月15日施行予定のルール改正。以下参照。)

102.9 Swimwear(102.9 Swimwear)

.1 Design
(1.デザイン)

A Swimsuits worn for all 12 & under age group defined competition shall not cover the neck, extend past the shoulder, nor past the knee.
B Swimsuits worn for competition must be non-transparent and conform to the current concept of the appropriate.
C The Referee shall have the authority to bar offenders from the competition until they comply with the rule.
(A.12歳以下の競技者と定義されるエイジグループ全選手の着用する水着は、首部を覆わず、肩部および膝部まで覆ってはいけない。
B.競技者が着用する水着は、透明でない、現行の適切なコンセプトに適合するものでなければならない。
C.審判員は、違反者をルールに従うまで競技会の出場を禁じる権威を持つ。)


However, since the initial ratification of the amendment by the USA Swimming House of Delegates, some questions came up regarding the potentially discriminatory nature of the rule. Additionally, some issues regarding medical conditions that require a swimmer to "avoid direct sunlight exposure" to the skin have been brought up.
(しかしながら、USA Swimming代表委員による初期の修正から、いくつかルールの根本的区別に関して疑問が出てくると想定している。さらに、皮膚が透ける“直射日光曝露の回避”など選手にはいくつか医学的条件に関する問題がある。)


USA Swimming has addressed these two issues with the following interpretation:
(USA Swimmingは、以下の2点に関して理解を示す。)

An exemption to Article 102.9.1 may be granted, on a case by case basis, to a swimmer who:
(以下に該当する選手は臨機応変にルール102.9.1の免除に応じる可能性がある。)

1. Based upon the swimmer's stated religious beliefs, is required to wear a suit that covers more of the swimmer's body than is permitted under this Rule; or
2. Whose medical condition requires more of the swimmer's body to be covered than permitted under this Rule.
(1.選手の宗教的信条に基づき、ルール許容外に選手の体を覆う水着が必要な場合、または
2.医学的な必要性により、ルール許容外に選手の水着を覆う必要がある場合。)

This exemption does not extend to the use of any swimwear that has ever been promoted by its manufacturer as providing a performance advantage, or has otherwise been described as providing a technological advantage. This exemption applies to both USA Swimming's Rule and to any comparable rule adopted by any LSC and takes precedence over any determination by any member of an LSC.
(この免除措置は、パフォーマンスや技術的に優位性なものとして以前より促進しているどの水着にも採用されるものではない。この免除は、USA Swimming規約、LSCが採用する共通の規約の両方に申請し、その他LSC加盟メンバーの決定が必要である。)


SwimInfoより抜粋 原文優位


 先月に豪州が発表した、エイジグループの制約と似通った内容となりました。豪州ほどの制約はありませんが、フルレッグの禁止、オープンショルダーという2点は共通となりました。年齢的に直接の影響は、州・郡単位で行われるジュニアオリンピックとなりそうです。私が昨夏まで訪れていたチームでは、この年齢でフルレッグを使用している選手はいなかったので、影響はなさそうですが、予防措置的な意味合いを持たせることが大きいのではないかと考えています。


See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/267-1dad3b49
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。