スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州コーチ陣、Blueseventyの使用禁止を主張

2008年11月30日 15:40






 水着に関する議論に拍車がかかってきました。今回は、Blueseventyに関するものです。ついに欧州も水着に関する意見を出しました。以下は一部の抜粋です。


European coaches have urged FINA and LEN to investigate the Blueseventy bodysuit worn by five swimmers on their way to world short-course records in the past month, with a view to banning it. The coaches want the suit removed in time for the European short-course Championships in Rijeka the week after next, according to exchanges seen by SwimNews.
(欧州のコーチ陣が、FINAおよびLENに数ヶ月前に短水路世界記録を樹立した5選手が着用したBlueseventyのボディスーツの使用禁止を視野に入れて調査するよう主張した。そのコーチ陣は、その水着の禁止措置をRejekaで行われる欧州短水路選手権に間に合わせようとしているのではないかと、意見交換したSwimNewsは感じている。)



Amid exchanges between concerned coaches - including the man who in January will be head coach to Russia, Dr Andrei Vorontsov - in the past few weeks is an example of two young breaststroke specialists who wiped more than a second off their best times over 50m in a Blueseventy and were then put to the test in a “standard suit” a week later. "We did not expected [sic] such results. Normally, they should be maybe 0.2-0.3 seconds faster than [previous best] .. what happened was beyond our expectations,” wrote one coach.
(来年の1月にロシアのヘッドコーチに就任するAndrei Vorontsov博士を含む関係コーチ間の意見の中心は、数週間前、具体的には若手の2人の平泳ぎのスペシャリストがBlueseventyを使用し、50mの自己ベストを1秒以上短縮した後、"スタンダードの水着"と化したことにある。「我々は、このような結果を予期できなかった。通常、およそ0.2~0.3秒の自己ベストになるはずだが、、、我々の予測を超えて何が起こったのか」とあるコーチは述べている。)



The suits were bought for the swimmers to use just an hour or so before they wore them in a race (and at all) for the first time. In the coaches' exchange, the swimmers are quoted as saying that the Blueseventy “changed our body position and significantly increased buoyancy. It was just different swimming, different swimming technique...". One expert told SwimNews that coaches are claiming that the Blueseventy requires a change in technique because of its "wetsuit" build. A coaching nightmare and an issue that is contributing a sense of chaos that carries risks of serious financial damage to swimming.
(その水着は、(レースの)の約1時間前に選手に用意され、彼らはそれを着て最初のレースに出た。あるコーチの意見では、Blueseventyについて選手が「ボディポジションを変え、かなり浮力を高める。これは、ちょっと特異な水泳で特異な水泳技術だ、、、」と言っているという。ある専門家は、コーチ陣がBlueseventyは、ウェットスーツのメーカーだから技術を変えると必要がある。水泳界に財政上の深刻な損害を与えるリスクを生む無秩序のセンスに貢献するコーチング悪夢と問題だと話しているという。)





Complaints against the Blueseventy, a suit born in the triathlon pool, are also being voiced by rival suit makers. One source told SwimNews: "This is scary, dangerous stuff. The likes of Speedo, adidas, Arena and others have been working on products that support the body’s core strength, that support the athlete. The Blueseventy works in another way. It’s a flotation aid, in our opinion.”
(トライアスロン界で生まれたBlueseventyに対する不平に加え、ライバル水着メーカーからも意見されている。ある情報では、「これは恐ろしく、危険な水着だ。スピード社、アディダス社、アリーナ社や他社は、体幹をサポートする製品であるが、Blueseventyは、他の方法で作用する。我々の意見では、これは浮力補助であると考える。」)


 翻訳に保証はありません。




 長年のキャリアを積んだ選手が、浮力を感じるというのは興味深い意見です。原文を見る限り、今後の使用に制限がかかる可能性は高いと感じました。続報があればまた次の機会に、、、



See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/222-558805e5
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。