スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

v.s. Notre Dame University

2008年10月26日 10:29






 今日は、USCでNotre Dame大学との対抗戦でした。Notre Dame(ノートルダム)大学は、インディアナ州にある大学で、フットボールが強豪で有名だそうです。


081025.1


 アメリカの対抗戦は、日本の早慶戦や東京六大学対抗戦の方式と似ていて、各種目に各校4名づつエントリーし、交互にコース分けされます。両サイドを対戦校の選手に挟まれて泳ぎます。得点はこの各校4名の順位で決定し、総合点を出します。


 日本の場合は、各校3名で、学生選手権も同じです。ということは、NCAAも4名エントリーなのでしょうか?となると、総合争いをするには、かなりの選手数が必要です。やっぱり総合優勝をする大学と五輪メダリストを出す大学では、指導方法が異なってくると思います。


 
 今日の対抗戦を見て思ったのは、選手は皆、練習用の水着でレースに出ていたということです。さすがに、負荷を出す水着はいませんでしたが、全員ビキニタイプの水着でした。



 完全に練習の一環のレースという感じでした。



 アメリカの冬季シーズンは、3月のNCAAまでヤードレースが続きます。25Yは22.86mで、潜水は15mまで許可されているので、この潜水制限をフルに活用すると、25Yの内、実際に泳ぐのは7.86mになります。なので、スタート、スタート後の潜水、ターンはとても重要ですし、USCでも物凄く練習します。



 あとは、いつも高強度練習をしていますが、もっともっとスピードをつけないと、ショートヤードコースのレースでは勝負できないと感じました。習慣付けて練習していたレースペースを意識したトレーニングは、まだフィンやパドルをつけて、こなせる程度なので、これが今後、道具なしでできるようシフトするのか、道具は使ったままショートサイクルになるのか、本数を増やすのか、今後の練習の方向性が楽しみです。


081025.2


 対抗戦の後は、各校で全員に握手。なんかバレーボールやサッカーの試合後のような感じでした。



 そして、次のレースは、3週間後のv.s.アリゾナ大学です。12月末までの3ヶ月で僕が見れる最後のレースになります。12月にHusky Inviteという大きなレースがあるのですが、場所がかなり遠方のシアトルなのでお留守番の予定です。



 また月曜より通常練習です。



See you NEXT !

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kajikawas.blog110.fc2.com/tb.php/184-28f8c39b
    この記事へのトラックバック


    RECENT ARTICLE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。