スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州コーチ陣、Blueseventyの使用禁止を主張

2008年11月30日 15:40






 水着に関する議論に拍車がかかってきました。今回は、Blueseventyに関するものです。ついに欧州も水着に関する意見を出しました。以下は一部の抜粋です。


European coaches have urged FINA and LEN to investigate the Blueseventy bodysuit worn by five swimmers on their way to world short-course records in the past month, with a view to banning it. The coaches want the suit removed in time for the European short-course Championships in Rijeka the week after next, according to exchanges seen by SwimNews.
(欧州のコーチ陣が、FINAおよびLENに数ヶ月前に短水路世界記録を樹立した5選手が着用したBlueseventyのボディスーツの使用禁止を視野に入れて調査するよう主張した。そのコーチ陣は、その水着の禁止措置をRejekaで行われる欧州短水路選手権に間に合わせようとしているのではないかと、意見交換したSwimNewsは感じている。)



Amid exchanges between concerned coaches - including the man who in January will be head coach to Russia, Dr Andrei Vorontsov - in the past few weeks is an example of two young breaststroke specialists who wiped more than a second off their best times over 50m in a Blueseventy and were then put to the test in a “standard suit” a week later. "We did not expected [sic] such results. Normally, they should be maybe 0.2-0.3 seconds faster than [previous best] .. what happened was beyond our expectations,” wrote one coach.
(来年の1月にロシアのヘッドコーチに就任するAndrei Vorontsov博士を含む関係コーチ間の意見の中心は、数週間前、具体的には若手の2人の平泳ぎのスペシャリストがBlueseventyを使用し、50mの自己ベストを1秒以上短縮した後、"スタンダードの水着"と化したことにある。「我々は、このような結果を予期できなかった。通常、およそ0.2~0.3秒の自己ベストになるはずだが、、、我々の予測を超えて何が起こったのか」とあるコーチは述べている。)



The suits were bought for the swimmers to use just an hour or so before they wore them in a race (and at all) for the first time. In the coaches' exchange, the swimmers are quoted as saying that the Blueseventy “changed our body position and significantly increased buoyancy. It was just different swimming, different swimming technique...". One expert told SwimNews that coaches are claiming that the Blueseventy requires a change in technique because of its "wetsuit" build. A coaching nightmare and an issue that is contributing a sense of chaos that carries risks of serious financial damage to swimming.
(その水着は、(レースの)の約1時間前に選手に用意され、彼らはそれを着て最初のレースに出た。あるコーチの意見では、Blueseventyについて選手が「ボディポジションを変え、かなり浮力を高める。これは、ちょっと特異な水泳で特異な水泳技術だ、、、」と言っているという。ある専門家は、コーチ陣がBlueseventyは、ウェットスーツのメーカーだから技術を変えると必要がある。水泳界に財政上の深刻な損害を与えるリスクを生む無秩序のセンスに貢献するコーチング悪夢と問題だと話しているという。)





Complaints against the Blueseventy, a suit born in the triathlon pool, are also being voiced by rival suit makers. One source told SwimNews: "This is scary, dangerous stuff. The likes of Speedo, adidas, Arena and others have been working on products that support the body’s core strength, that support the athlete. The Blueseventy works in another way. It’s a flotation aid, in our opinion.”
(トライアスロン界で生まれたBlueseventyに対する不平に加え、ライバル水着メーカーからも意見されている。ある情報では、「これは恐ろしく、危険な水着だ。スピード社、アディダス社、アリーナ社や他社は、体幹をサポートする製品であるが、Blueseventyは、他の方法で作用する。我々の意見では、これは浮力補助であると考える。」)


 翻訳に保証はありません。




 長年のキャリアを積んだ選手が、浮力を感じるというのは興味深い意見です。原文を見る限り、今後の使用に制限がかかる可能性は高いと感じました。続報があればまた次の機会に、、、



See you NEXT !

スポンサーサイト

スイム・パサデナへ

2008年11月30日 12:24






 今日は、スイムパサデナへジュニア層の練習を見学に行きました。パサデナのテリーコーチは、UC Irvineのブライアンコーチのコーチであったようで、ブライアンコーチが13歳~14歳の時のコーチのようです。ということは、おいくつなんでしょうか???


081129.1


 10歳~12歳のグループと、13歳以上のグループに分かれ、13歳以上のグループには、パサデナの卒業生で、サンクスギビングのため一時帰省している選手も合流していました。一時的にせよ、卒業生が地元クラブに戻って練習に参加してくれれば、クラブのジュニア層にも、大学生の選手にも学ぶところがあっていい刺激になると思います。



 10歳~12歳のグループは、メインセットに

Swim
16*25 @ 40" Fly
1*200 loosen easy
4*500 @ 6'45" Free FAST
4*400 @ 5'20" IM FAST

 500m4回、400m4回FASTと涼しい顔をしてコーチが言っていたので、びっくりしました。だいたい50分間泳ぎぱなしの練習でした、、、


 13歳以上は、

Swim
2*300 @ 4'00" 200: IM FAST, 100: Easy
1*100 loosen
6*250 @ 3'25" 150: Fr or Best Stroke FAST, 100: Easy
1*100 loosen
8*150 @ 2'10" 100: Fr or Best Stroke FAST, 50: Easy
1*100 loosen
15*100 @ 1'25" 50: Fr or Beast Stroke FAST, 50: Easy
1*100 loosen

 こちらは約1時間、ショートレストで比較的高強度の練習をしてました。泳速は、200mでベストプラス15秒~20秒で、この泳速で泳いでも休息が20秒前後しか取れない過酷な練習でした。



 アメリカのジュニア層の練習で共通しているのは、アナロビックの練習が少なくエアロビックの練習が多いことでしょうか。Azotでもアナロビックの練習は数える程しかありませんでした。再来週末にジュニアナショナルというジュニア層の全米大会があります。そこが1つの大きな通過点になる大会です。AZOT、Pasadena、MVNの選手の活躍が楽しみです。



 パサデナに帰省中のUC バークレイの選手がいたので、練習の様子を伺いました。USCと似てると思いますと言っていました。やっぱりかなあと思いました。スタンフォードはどうなのでしょうか?浅野先生はこれから勉強すると言っていたので、どんな練習なのか興味津々です。




 See you NEXT !

Black Friday

2008年11月29日 15:25






 今日の午後から練習が再開し、通常の30分遅れでスタート。

081128.1

081128.2


 通常の4-3-2の後、

Kick
16*25 @ 40" 2t: moderate, 1t: FAST w/Snorkel

Pull

081128.3

 をやって、ショート & ミドルグループは、コードトレーニングを20分程やって終了、ロンググループは、パラシュートを付けて、さらりと泳いで終了しました。高強度とまではいきませんでしたが、体に刺激を入れて、練習は終了しました。



 練習後は、ブラックフライデーだったので、颯爽と買い物へ。ブラックフライデーは、1年で最も売り上げが上がる日=黒字になる日ということで、こう呼ばれているそうです。ショッピングモールは人!人!人!激安商品に目がくらみ、思わず衝動買い、、、



 来月から節約生活始めます、、、ダイエットにも効果的で一石二鳥です。



 さて、Pacific Rim Swimmers of the Yearという賞が発表され、女子は豪州のステファニー・ライス選手、男子は日本の北島康介選手が選ばれました。

FEMALE
1. STEPHANIE RICE, Australia
2. Libby Trickett, Australia
3. Leisel Jones, Australia
4. Liu Zige, China
5. Jessicah Schipper, Australia

MALE
1. KOSUKE KITAJIMA, Japan
2. Tae Hwan Park, Korea
3. Eamon Sullivan, Australia
4. Grant Hackett, Australia
5. Zhang Lin, China


 そして、今週の試合でまた新たな世界新記録が生まれたようです。トロントで行われているカナダカップでスタンフォード大学のJulia Smit選手が女子400m個人メドレーで4分25秒87の短水路世界新記録をマーク(従来の記録4分26秒52)。いよいよ長距離の種目でも世界記録が出るようになってきました。



 彼女は同種目では今年の米国五輪選考会で敗退し、五輪はリレーの予選要員で参加した選手でした。大型の選手(183cm)で、バタフライから積極的に飛ばす前半型のレースをする選手だったと記憶しています。今年の400m個人メドレーの米国五輪代表ラインは4分32秒台という世界一狭き扉でした。来年はJulia選手の参入で一層厳し戦いになってくると思います。



See you NEXT !

怪物を超える怪物

2008年11月28日 12:50






 テキサス州で行われたTISCA-Gulf Championshipsで、Gray Umbach選手がマイケル・フェルプス選手が持つ13-14歳の200Y個人メドレーの全米記録を更新する1分51秒64をマークしたというニュースがありました。従来の記録は、1分51秒92でした。メートル換算で2分02秒09の好記録です。15歳で世界記録を樹立したマイケル選手の後継者としてアメリカ水泳界で注目される存在となっていくでしょう。




 さて、今日は午前はゆっくりし、午後からUCLAへ出発。浅野先生のおごりでランチを食べ、サンタモニカのビーチを眺め、帰宅。夜はアメリカの風習に習って、ターキー(七面鳥)を食べ、充実したアメリカン休暇を堪能しました。水泳の話もたくさん出来て、考えることが山積みです。




 明日から練習を再開です。すぐに週末のOFFになりますが、、、そろそろ本格的なトレーニングの再開となると思います。



See you NEXT !

祝日前日

2008年11月27日 16:40






081126.1

 明日からの祝日を前に通常の朝練へ。



 もうまったりモード全開で、気分はホリデイ?僕も気分はホリデイでした。



 今日もビッグゲスト来校で、USCのすごさが分かりました。今年の北京五輪の男子100m平泳ぎで日本の北島選手のを脅かしたノルウェーのダーレ・オーウェン選手が修行のためUSCに来校。来年の1月よりUSCで練習するようなことを言っていました。




 練習前に補強をやって、ウォーミングアップをしていました。今後に注目です。




 さて、午後はゲストとともにAZOTへ。久し振りに10000mオーバーの練習をみました。時間にして、3時間30分、ひたすら泳ぐ、、、やっぱりジュニアの練習は距離が長い、、、





 今日はこの辺で、、、



See you NEXT !

Storm may arrive

2008年11月26日 10:17






081125.1

 午前も通常の30分遅れで練習がスタート。時間を間違えて早く来てしまったので、水球の練習を見学していました。USCの水球は、2年連続でNCAA2位の強豪です。どんな練習をするのか見学していると、パドルをつけて、50YのFASTを10秒のインターバルで10回ほど続けてやっていました。Poloまで高強度練習するのかと思いました。



 さて、ともするうちに、練習が始まり、ランニング、チューブトレ、メッドボールシットアップなどを約1時間、ストレッチを約30分で終了。毎度のルーティンワークです。




 午後は、メインセットに

Main Sets
3rounds
5*50 w/Fins & Paddles 3t: 40" keep HR 23, 2t: 1'00" FAST
4*100 @ 1'30" w/Fins & Paddles alt. FAST, EASY


 で、約1時間30分の短時間集中で終了。



 練習後は嵐の予感がしたので急いで帰宅、、、学校でも今日の夜は嵐になると言っていました。山火事対策にも恵みの雨です。まとまった雨のないカリフォルニア。水道水なんかはどこに貯蔵しているのだろうか?380万人いるロス市民、1200万人いるロス郡の水道供給は疑問だらけです。




 明日を乗り切れば、束の間の休日です。朝はゆっくりできそうです。


See you NEXT !

興味深い記事

2008年11月25日 15:54

 USA SwimmingがFINAに対し、ルール改正の提案書を出したようです。

GR 5 SWIMWEAR
(GR 5 スイマー)

GR 5.3 USA Fed. In swimming competitions the competitor must wear only one swimsuit in one or two pieces which shall not extend beyond the ankles, the wrists and the neck cover the neck, extend past the shoulder, nor past the knee. No additional items, like arm bands or leg bands shall be regarded as parts of a swimsuit.
(GR5.3 USA連盟.水泳競技において、競技者は水着を1着のみの着用とし、その水着は肩を越えて首を覆ったり、膝を越えるものであってはならない。アームバンドやレッグバンドのような付加アイテムは認めず、水着の一部とみなす。)

GR 5.6 USA Fed. The manufacturers must ensure that the approved new swimsuit will be available for all competitors for 12 months prior to the Olympic Games.
(GR 5.6 USA連盟.製造者は、新規承認水着を五輪12ヶ月前に全競技者が利用可能になるよう確保(保証)すべきである。)

"The reasoning being the proposal to FINA is that we are asking them to slow down the approval process for new suits, and speak to coaches and manufacturers on how the approval process can be more scientifically defined," USA President Jim Wood told Swimming World. "Our legislation provides several ideas that might make the new suit approval process going forward fairer for everybody. I would also like to applaud FINA for sitting down with all involved in February. Hopefully, they will be having an open discussion with everyone regarding the steps of the approval process."
(FINAへの提案の理由は、新水着の承認過程を遅らせるよう求めるもので、コーチ、製造者へどのような承認過程であればより科学的に規定できるか問うものであるとUSA(連盟)のJim Wood氏が答えた。当委員会は皆により公平な新水着の承認過程の選定のためのアイディアを出した。また、FINAが2月に会合を開いてくれることに賞賛を贈りたい。承認過程のステップに関する関係者とともにオープンな議論が行われると願っている。)


注) 細心に翻訳しましたが、翻訳に保証はありません。



 日本国内に動きはあるのだろうか?


See you NEXT !

サンクスギビング

2008年11月25日 12:28






081124.1

 今日は天気も悪く、風が強く、不穏な1日でした。



 今日の練習は、各グループを転々とし、全体を見て回りました。Saloコーチ流のトレーニングはシンプルそのものです。Power & Good Techniqueの2点です。トレーニングの基盤をレースペースに置くのも日本と違った点でしょうか。日本では、ATを基盤にしていますが、強度は全然別物です。




 本格的なトレーニング再開かと思いきや、今週は水曜の午後から金曜の午前まで練習はお休み。サンクスギビング(収穫祭)という祝日に絡んだ連休です。日本じゃ正月以外は練習か試合か合宿で祝日なんて無いようなものです。こういう点も見直す必要があるかもしれません。




 さて、このサンクスギビングは、どの店でも大バーゲンセールが開催されるそうです。アメリカでは、サンクスギビングはクリスマス商戦の前哨戦として位置づけられているようで、この日からクリスマスまでの売り上げは年間の半分を占めると言うから驚きです。また、サンクスギビングは年間で最も交通渋滞が起きる日と言われていて、皆買い物にひた走るようです。




 皆に合わせて、大渋滞の中バーゲンセールを買い込むもよし、家でゆっくりと七面鳥を食べるもよし。僕は、、、出掛ける!ただ衝動買いはしないように心掛ける!



See you NEXT !

Gloomy Day

2008年11月24日 10:06






 生憎のどんよりとした天気でしたが、いざミッションビエホへ

081123.1


 なんか久し振りに来た感じです。相変わらず、エイジグループの大会は賑やかで楽しいです。お昼ご飯様に、サンドウィッチを買って行くと、選手が何のサンドウィッチ?分けてくれるの?なんて聞いて来るのは日本と同じです。



 昨日ナイキカップに参加していた選手が今日はミッションビエホのレースに出ていたり、エイジグループはタフでなくてはいけません。アメリカでは、忍耐力や精神力はレースで身に付けていくと聞きました。1日に何種目もレースに出たり、レースを転戦したり、実戦的なトレーニングです。





 さて、イタリアのアリーナ社が3名の五輪メダリストと契約を交わしたと発表しました。Cesar Cielo(ブラジル: 50m Fr金メダル)、Milorad Cavic(セルビア: 100m Fly銀メダル)、Alain Bernard(フランス: 100m Fr金メダル)の3名です。



 水着問題は五輪前に加熱しましたが、現在は五輪後またトレーニング期間中ということもあり、チームが契約しているメーカーの水着を着ている選手が多いように思います。来年2月にFINAが水着に関するルールについて再検討すると発表があったので、その後の動きに注目していきたいと思います。



 一部の国では、ハイテク水着の使用に年齢制限をかけるような動きもあり、水泳大国アメリカの行方も注目されます。FINAの会合で2008年モデルの水着は使用禁止と決定したらどうなるのでしょか?高額な代物ですし、今しばらく購入を控える方が賢明かもしれません。



See you NEXT !

UCI NIKE CUP

2008年11月23日 14:30






 今日はロングビーチのベルモントプラザへナイキ・カップの見学に行って来ました。会場のベルモントプラザは、1976年に五輪選考会を開催した会場で、現在でもTOYOTAグランプリなどの大きな大会を開催する伝統あるプールです。水深の関係で今ではショートコースのみの利用ですが、会場を一歩出ればロングビーチの海岸が広がる絶好のロケーションです。



 会場で、UCアーバインのブライアンコーチ、ソロモンコーチ、AZOTの選手、保護者の方々と色々お話をし、いいレースも沢山見れました。



 Trojansの一部の選手が参加していて、午前はポールコーチ、午後の決勝はセロコーチが来て、レースを観戦。

081122.1


 人脈というのは、不思議な縁を作るようで、ポールコーチがラスベガス大学のコーチ時代に、同僚であった日本人コーチのKonoコーチも紹介していただき、レースの合間に少しばかりお話が出来ました。こういう出会いもコーチとしてはうれしい事です。



 明日は、ミッションビエホへ行く予定です。ちびっ子が参戦する大会です。また沢山のコーチ、選手と話をしたいです。



 明日も朝が早いので今日はこの辺で、、、大会の詳細、世界のニュースなどは明日のBlogで紹介します。



See you NEXT !

徹底的な low miles

2008年11月22日 11:02






 今日は、朝にスイム練習を。今週は特に泳距離が少なく、驚いています。朝も1時間ほどで練習が終了。距離をカウントする習慣が無くなってきたので、いくら泳いだか定かではありませんが、3000Yも泳いでないと思います。内容はキック主体の練習で、何か意図を感じました。




 午後も同様 low milesで、W-up 4-3-2の後、

Swim
10*75 @ 1'15" 50: Choice HR 24-25, 25: FAST

 この後、レース用の水着に着替えて、

Swim
X*25 Choice FAST from DIVE

 約1時間ほど、2人づつのレース形式でタイムを計測。電光掲示板、スタートシステムを用意して、徹底的にハイパワートレーニングを行いました。

081121.1

 終いには、ランダイブでやらせてくれと選手が主張し、滑り止めのマットを敷き、スプリント選手権に早変わり、、、

081121.2

081121.3


 一番速かったのは、新入生の選手で、8秒19でした。



 練習後は、片づけをして、来客があったようなので、会話を覗いてみると、ワールドカップで世界記録を出したPeter選手のようで、少しお話をしました。彼によると、100mのレースは、後半にかなり余力があったようで、前半の折り返しのターンで力強い出だしが出来たこと、50mのレースはスタートが完ぺきだったと言っていました。



 そんなに大柄な選手ではなく、180cmもないように感じました。ワールドカップの映像も見ましたが、水中のドルフィンキックで大きく水を開けていたのが印象的でした。ネット上の映像なので、画像が鮮明ではなく細かな所は分かりませんでしたが、、、



 最後に少しだけ、世界のニュースを、、、


 北京五輪で3つの銀メダルを獲得した41歳のダラ・トーレス選手が、健康に問題がなれけば来年の世界選手権へ出場したいという声明を出しました。というのも、以前より患っていた親指の手術を先週行ったようです。この時点でコメントを出すくらいですから、すでにトレーニングを再開しているかもしれません。



 マイケル・フェルプス選手がスポーツビジネスのベンチャーの起業へ。トレーニングに集中することが第一と詳細は語られていませんが、近い将来、マイケル選手と彼のコーチで何か起業をするようなコメントがありました。



 明日は、予定を変更して、大会の見学に行きます。土曜日はロングビーチのベルモントプラザへ、日曜はミッションビエホへ行く予定です。ジュニアの大会があるそうで、AZOT、MVN、Swim Pasadenaのチームも参加するようです。久し振りにアーバイン時代のコーチにも会えるかもしれません。



 記念すべき5000クリックを踏んだ人はご連絡ください。お土産買って帰ります。



See you NEXT !

アクシデント

2008年11月21日 11:49






 昨日は久し振りに日本の会社に電話をし、ちょっくら必要な情報をもらい、最近はどう?なんて会話をしていました。最近は銃声もなく、元気にやっていますなんて、余裕のコメントをしていたのが悪かったか、、、



 その1時間も経たないうちに、発砲事件が、、、今回は、アパートの100m圏内という超至近距離での事件でした。一番厄介なのは、それからしばらく、パトカーのサイレンとヘリのプロペラ音が鳴り止まず、睡眠を阻害されたこと、、、




 来週、浅野先生が遊びに来ると言っていましたが、同じく睡眠障害で病んで帰って行くのだろうと思います。大豪邸から牢獄へ、まさしく大貧民と言った感じでしょうか。




 さて、今日の朝練は、ドライランドから。

081120.1

081120.2


 サーキット形式で、チューブトレ、メッドボール、スクワット系と3種目を混ぜて、多種多様にトレーニングしました。その後は、ストレッチを一緒に行い、朝は終了。




 その後、学校へ行き、またもアクシデントが、、、ここの学校は、6週間ごとにテストを行い、クラス編成を行うようで、そのテストの結果を受け取り、解説を受け、クラス編成へ。TOEFLクラスなので、テストはTOEFLで、何かの間違いだと思うのですが、一番上のクラスに配属、、、




 今までも十分ついていけてないのに、これ以上、学校で苦労はしたくないので、先生と面談をし、1つクラスを下げてもらいました。一応、一番上のクラスを受けてみてからと言われ、一応受けましたが、全然ダメ、、、語学学校に来る必要ないだろと思う生徒ばかり、、、




 結局、クラスを下げてもらって、解散。午後練行けず、、、この学校のシステムは良く分かりません、、、が、良く考えると、L.A.ダウンタウンに移ってきて早7週間。あと1ヶ月で一時帰国です。早いものです。




 今日は、眠れますように、、、



See you NEXT !

ウエイト

2008年11月20日 12:37






 朝は、通常のウエイトトレーニングから始まりました。いつもと変わり映えのない練習なので、新しい報告をするのが難しいですが、約1時間かけて、淡々とこなしていきます。


 ウエイト後に選手全員がマッスル・ミルクというプロテイン飲料を飲みます。

081119.1


 どんな味がするのか選手に聞いてみると、チョコレート・シェイクと言っていました、、、ためしに1本もらって飲んでみると、、、





 甘~い(もう古いか、、、)!極甘です。成分表を見ると、蛋白質が1日の必要量の33%、ただし注意書きで1日の必要カロリーを2000kcalとした場合とありました。その他、ビタミン類が平均20%程含まれているようでした。



 午後の練習はお休みで、久し振りにゆっくりとしようと思っていましたが、掃除、洗濯何やらかんやらで落ち着いたのは、20時前。就寝のリミットが迫って来ていますが、最近はどうも眠れない、、、



 日本に帰ったらアレもコレもやってみたい事が沢山思い浮かんで、アイディア具体化させるために色々調べ事して、紙に残して、お腹が空いたら夜食食べて、、、



 最近また太ったかな、、、とは言っても夜中散歩に行くわけにはいかないし、、、



 今日は無心で眠ります。


See you NEXT !

火の噴くような練習

2008年11月19日 12:51






 またまたニュースから、、、



 FINAが来年の2月に世界を圧感させたハイテク水着とそれに関わるルールについて議論を行うと発表しました。さらに、FINAは、IOCに対して、2012年のロンドン五輪に50mの背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライを追加するよう要望したようです。



 これは僕の推測ですが、北京五輪で他種目優勝者が出て水泳がより注目されるようになったことをFINAが感じ、水泳競技をより普及させるために、出した方策ではないかと勝手に思っています。



 これが決定となれば、より五輪出場の門戸が開かれる反面、選手寿命の延長を招き、アマチュアスポーツの祭典がプロスポーツ選手に取って代わられる時代が来るかも知れません。そもそも定義が曖昧ですが。また、レースの高速化の拍車がかかるのではないかと思います。



 やっぱり高強度トレーニングの時代が来るのかなと思いました。




 さて、今日の練習は、Saloコーチが帰ってきたという影響もあってか、通常の高強度練習が再来。

081118.1


 ウォーミングアップ4-3-2の後、

Kick
4rounds
1*200 @ 3'15" Choice FAST w/Snorkel
8*25 rest 3" total @ 3'30" Choice FAST w/Snorkel

Kick
1*150 @ 2'45" Choice FAST w/Snorkel
6*25 rest 3" total @ 3'00" Choice FAST w/Snorkel
1*150 @ 2'45" Choice FAST w/Snorkel
6*25 rest 3" total @ 3'00" Choice FAST w/Snorkel
1*150 @ 2'45" Choice FAST w/Snorkel


 この後、各グループに分かれ、Brグループに合流し、


Kick
8*50 @ 1'30" repeat 3 surface STRONG kick + 3 vertical STRONG kick w/Parachute

Kick + Pull
8*50 @ 1'30" repeat 3 underwater pull + 3 vertical STRONG kick w/Parachute

Drill + Swim
2rounds
4*75 @ 1'10" 50: 3 underwater Br pull + STRONG free kick w/Fins, 25: IM order swim/t
4*25 @ 25" IM order FAST w/Fins

3rounds
3*125 @ 1'40" 100: 3 underwater Br pull + STRONG free kick w/Fins, 25: Fly, Ba, Br/round Limit: 1'15" for men, 1'20" for women


Loosen down


 練習の最後の部分です。




 Saloコーチの練習哲学では、ドリル練習(あまりありませんが、、、)もFASTです。日本じゃ平泳ぎの3キック1ストロークとか水中での平泳ぎスイムとか比較的ゆっくり泳ぎますが、こちらではFASTでこれをやります。理由は簡単で、ゆっくりとしたスピードで泳ぎが出来てもFASTの時に出来なければ意味がないというのです。愕然です。技術練習をFASTスイムで行うので、コーチの指導を選手はゼーゼー言いながら聞いています。



 最初は疑問でしたが、最近は違和感がなくなってきました。




 さて、昨日のゴールデン・ゴーグルアワードですが、マイケル・フェルプス選手がMale Athlete of the Yearに、ナタリー・コグリン選手がFemale Athlete of the Yearを受賞しました。やはりリレーに関わる選手はポイントが高いです。ソニ選手は、the Breakout Performer of the Yearとthe Female Performance of the Yearの2賞に輝きました。



 さすがに1泊2日でのニューヨークはきつかったようで、今日はあまり元気がありませんでした。片道6時間のフライトですから仕方ありません。国内にいながら軽い海外旅行の感じです。お疲れ様でした。



See you NEXT !

もろもろ1日

2008年11月18日 11:09






 今日は、アメリカのニュースから、、、



 今年のアメリカ五輪選考会で、マイケル・フェルプス選手に次ぐ5冠を達成したケイティ・ホフ選手がマイケル・フェルプス選手のコーチであるボブ・ボーマンコーチの下で練習をすることになったそうです。アメリカを代表するマルチスイマー2人が同じ拠点で同じコーチの下練習を行うということで、世界の注目の的となりそうです。




 次いで、北京五輪で金メダルを含む6個のメダルを獲得したナタリー・コグリン選手がとあるインタビューで興味深い発言をしていました。

Q: Talk about your workout sessions and routines. (練習の期間と内容は?)

A: Going into the Olympics, I work out six days a week and I take off from swimming Wednesdays and Sundays. I do a lot of running, I do pilates a lot and I lift weights. I have a mixture of cross training as well as swimming.
(五輪に向け、週に6日、水曜と日曜は水中練習は休みです。ランニング、ピラテス、ウエイトを非常に多く取り入れています。水中トレーニングと同じくらいのクロストレーニングを取り入れています。)

翻訳ミスがあればスミマセン、、、



 おそらく五輪前のインタビューだと思いますが、率直にUSCと似たような練習方法だと思いました。近年のアメリカのトレーニング方法は変わったと思いました。それを裏付ける資料がLos Angeles Timesに掲載されていました。



 USCのレベッカ・ソニ選手は2005年に当時のUSCのヘッド・コーチであるマーク・シェバートコーチの勧誘でUSCに入学しました。順調にトレーニングが行えていましたが、翌年マーク・シェバートヘッドコーチがUSA Swimmingのヘッド・コーチに就任したことで、練習環境は一変しました。マークヘッドコーチの後任としてUSCのヘッド・コーチに就任したセロヘッドコーチの練習哲学は、高強度・低距離で、マークヘッドコーチとは全く違ったトレーニング方法でした。


 彼女は思い切って練習環境を変えようと思っていましたが、当時はどこへ移籍すればいいのか分からず決心出来ずにいました。結局、USCという大学が好きだという理由で大学に残る決心をし、トレーニングをUSCで継続し、大成しました。

Los Angeles Times より要約、翻訳


 当時、ソニ選手が抱いた練習方法の違いに対する当惑は、僕が経験したものと同じだったと思います。マークシェバートコーチはUSCまたUSAの偉大なコーチの1人です。ASCAの殿堂入りも果たしています。数年で練習方法の転換があったのでしょうか?アリゾナ大学も似た方法を取っているようです。




 レースの高速化に対応するには、高負荷のトレーニングが必要ですし、最近の傾向に即した練習方法と言われると納得する部分があります。今後さらなる検証が必要ですが、、、




 さて、今日の練習は、試合後ということもあり、リラックスムードでした。

081117.1

081117.2


 明日も、朝の練習を遅らせると言っていたので、ひとまず疲れを取ってからのトレーニング再開となると思います。



 今日は、SaloコーチとSoni選手がゴールデン・ゴーグルアワードのためニューヨークに行っています。今年1年の優秀コーチと優秀選手などが決まるセレモニーです。投票権は一般人にも与えられ、僕はもちろん、この2人に投票しました。コーチ賞は、マイケル・フェルプス選手のコーチであるボブ・ボーマンコーチが有力だと思いますが、勢いのあるUSC陣営、ひょっとする可能性もあります。



 もうすぐ発表になると思いますが、このblog上での報告は明日になると思います。



See you NEXT !

ロサンゼルスに煙立つ

2008年11月17日 08:23






 未だ日中は30℃を超える猛暑が続きます。それに雨が降らない乾燥した気候なので、あちこちで山火事が発生。昨日は、オレンジカントリーでも山火事があったようです。



 そのためか、ドンヨリとした空模様。煙くさい匂いもするし、こんな空気を吸っていて大丈夫なのかと思います、、、




 こんな休日は、家でまったりと勉強&情報収集です。




 さて、世界7箇所を巡るワールドカップが終了し、全大会のポイントで、南アフリカのCameron van der Burgh選手が総合ポイントのタイトルを獲得したそうです。勝者には破格の賞金10万USドル(約1000万円)が贈呈されます。総合2位には、TrojansのPeter選手が入り、賞金5万USドル(約500万円)を獲得したそうです。




 五輪メダリスト以外は自費での参加になるので、Peter選手も自費で参加していたそうです。彼のスポンサーからの支援はあったそうですが、、、しっかり資金稼ぎは出来たのではないでしょうか。




 そして、来週よりまた厳しいトレーニングの再開です。頑張りましょう!



See you NEXT !

2連勝

2008年11月16日 12:01




 2日連続の対抗戦、今日はアリゾナ州立大学でした。





 英語が分からなくても、アメリカ人は面白いなと雰囲気で感じてもらえればと思います。



 昨日のレースの影響もあって、今日はややお疲れの様子でした。Saloコーチから言われたのは、今日は、レース用の水着を使わず、練習用の水着でレースに出ることと、専門種目外の種目にエントリーするということでした。



 それでもUSCやや有利と踏んでいたようですが、午前中の折り返しの時点で女子の得点がUSC80対ASU69の僅差だったため、急遽エース2人の種目を専門種目に入れ替え、午後のレースへ向かいました。状況を見て選手交代は、ホームだから出来る裏技でしょうか。



 結果的には、男女とも危なげなく勝利し(得点の詳細は忘れました)、2連勝!

081115.2


 今年のUSCは、何か偉業をやってくれそうなチームです。良い雰囲気です。




 ワールドカップベルリン大会でも、Peter選手が100m背泳ぎで世界記録を再度更新する49秒63をマーク。速報この勢いは何か感じるものがあります。



 次のレースは、12月のシアトルでのHusky Invite(不帯同)。記録狙いのレースになると思います。そして、1月のv.s. UCサンターバーバラ(この間山火事のあった所)、v.s. ワシントン大学を経て1月末&2月上旬にv.s. UCバークレイ、v.s. スタンフォード大学があります。ここも1つの大きな山場になってくると思います。



 2月まで無敗で行けばNCAAは、上位も夢ではないと思います。今後の戦略、指導法に注目です。



See you NEXT !

NCAA王者アリゾナ大学に勝利!!!

2008年11月15日 12:09






 迎えた朝、、、通常の朝練の時間帯に最終的なスピードのチェックを兼ねた練習を行い、一度解散。




 再集合の12時30分にプールに向かうと、王者アリゾナがすでに集合していました。

081114.1


 12時30分よりミーティングを行い、13時よりアップ開始。いつものように何か手伝えることはないかとウォッチ片手に探していましたが、Jeremyコーチより、今日はPAC-10(パシフィック10大学)の対抗戦だから、正規コーチ以外がタイムを取ったりコーチングをするとPAC-10のルールに抵触するから今日に関しては、君はタイム取りが出来ないのだと言われました。




 おそらくOB・OGがこの大会にだけスタッフ入りし、チーム運営の手伝いをしてはいけないというルールだと思いますが、僕のケースもこのルールに抵触してしまう様です。力になりたかったのですが、ルールなので仕方ありません。



 そして14時に試合開始。スプリットを取る仕事は、OKということで、掲示板に出た記録をノートに書き取り。最初の種目400YMRで、男女ともにアリゾナ大学を一蹴!特に男子は、0.04秒差の僅差で勝利。勢いが来た!という感じでした。



 その後も、立て続けにいい記録が連発し、結果は、


男子 USC(152点) - Arizona(91点)
女子 USC(164点) - Arizona(136点)


 で共に勝利!!!

081114.2


 写真がボケたのが勿体無い、、、




 昨年のNCAAは、

男子

1. Arizona, 500 1/2
2. Texas, 406
3. Stanford, 344
4. California, 332 1/2
5. Auburn, 316
6. Michigan, 271 1/2
7. Georgia, 229
8. Florida, 210
9. Tennessee, 172
10. Indiana, 166

36. Southern California, 9

女子

1. Arizona 484
2. Auburn, 348
3. Stanford, 343
4. Texas A&M, 315
5. California, 291
6. Florida, 277 1/2
7. Georgia, 198
8. Tennessee, 179 1/2
9. Michigan, 130
10. Indiana, 128

16. Southern California, 76


 という順位でした。男子は昨年王者のアリゾナ大学(500.5点)に昨年36位のUSC(9点)が勝つなんて誰が予想したでしょうか。女子も快心の勝利でした。あまりにも衝撃的なレースの応酬だったので、アリゾナ大学は主力選手を温存しているのではないかとも思いました、、、



 とはいうものの、記録的にはまだまだNCAAで優勝争いをするレベルではないので、これから本格的なトレーニングに入っていくのだと思います。いいモチベーションになりました。



Saloコーチも、"We expect to be at the championship level very soon"とご満悦でした。



 明日は、100Yなどのスプリント種目だけのレースだと言っていました。得点計算されるのか、またアリゾナ大学が来るのか、よくルールが分かりません。


081114.3


 ゆっくり休んでまた明日頑張りましょう!



See you NEXT ! Thank you for exciting races !

I have a dream

2008年11月14日 10:33






 ついに浅野コーチが渡米です。今頃、飛行機の中でしょうか。



 今年の夏が終わった頃に、突然"アメリカで一番強いクラブはどこですか?"とメールをして来たのが浅野コーチでした。名前も顔も何も知らないコーチでしたが、僕が日本に一時帰国した際に電話をくれたり、情熱を感じるコーチでした。




 スタンフォード大学のパロ・アルトスイムクラブへ修行にでるということで、羨ましくも思います。USCがダメならスタンフォード大学に行きたいと僕も思っていましたから。スタンフォード大学は、女子のNCAAチャンピオン、男子も3位の強豪です。その附属のクラブですから、ジュニア層もトップクラスです。



 うまく情報交換をして、1つ大きなプロジェクトでもやろうかなと思っています。おそらく来年2月のスタンフォード大学対南カリフォルニア大学で初お目見えとなるのでしょう。楽しみです。




 さて、今日は午前に30分程のチューブトレーニングと1時間程のストレッチを、午後は1時間30分に絞ったチューニングを行い、いよいよ、いよいよ明日アリゾナ戦です。



081113.1

081113.2

081113.3



 練習前に、選手全員に新品のS社のFS-PROが支給され、今回は現状での進捗状況を確認する大きな区切りになる試合だと感じています。




 僕にとっても現状で何が出来るか試す大会です。




 とあるコーチがblog上で、


 日本のコーチもあなどれんよ。アメリカでしょうもないことばっかりやっとったら日本の熱いコーチたちに逆に引き離される。



 僕にとっても身に染みる言葉です。





 
 今年のアメリカの五輪選考会で感じた事がありました。世界新、米国新が連発した大会でしたが、ただ速いからすごいとか、世界新が見れて感動したとか、そういう次元を超えた新たな可能性を感じた大会でした。その時の構想を1つ形として残したいと思っています。



 難題は山積みですが、駄目でもいいから挑戦してみたい事。これが僕がこの1年、アメリカで学んだ形に残る成果の1つとなると思います。実現できるかどうかは、90%の情熱と10%の運かなと思っています。




 そういえば浅野コーチが、アメリカに着いたら一番に連絡しますと言っていました。ヘルプコールでないことを祈ります(笑)。



See you NEXT ! Tomorrow, Fight on USC !

Peter MARSHALL 2冠W世界新

2008年11月13日 10:35






 Peter選手の2冠W世界新のニュースが入ってきました。50m背泳ぎは従来の世界記録を0秒19更新しての23秒05だそうです。



 USCでは、大学生の練習は週に10回行いますが、社会人のTrojansは驚愕の週6回練習です。1日1回2時間の週休1日制です。学校の関係で、午前8時からスタートするTrojansの練習は、アップ程度しか見たことありませんが、内容はおそらく同じだと思います。



 練習前にドライランドをやっている風景は見たことありませんし、いつもジャグジーに浸かってUSCの練習が終わるのを待っています。唖然といった感じです。



 彼は、今年の五輪選考会は、10位で、準決勝で敗退した選手でした。USCの練習を見ていて思うのは、速かれ遅かれ選手を平等に指導することです。コーチの要求に答えられる選手は実績など関係なく、成果が出てくると思います。僕も、優秀な選手を中心に見てしまう傾向にありますが、その癖は、直していかなくてはいけません。





 金曜日に迫った対抗戦ですが、予想と違う方向で調整が進んでいます。一番シンプルな方法です。考えすぎは良くないみたいです。



See you NXT !

祝!世界新記録樹立

2008年11月12日 10:09






 ワールドカップストックホルム大会において、Peter Marshall選手(Trojans Swim Club)が男子100m背泳ぎで49秒94(23秒87、49秒94)の世界新記録を樹立しました。従来の記録は、Ryan Lochte選手の49秒99。これでTrojans所属の世界記録保持者は3名になりました。



 午後の練習中にSaloコーチから選手全員に報告され、練習は大盛り上がり。やはり大記録には皆触発されるようです。1つのクラブに世界記録保持者が3名以上いるのはテキサス大ぐらいでしょうか。世界的にも少数だと思います。



 さて、練習の方は、午前に30分程度のドライランドをし、

081111.1


 アリゾナ戦に向けたミーティングで終了。午後は、特に目立ったメインセットはなく、1時間30分程で終了。最後には、こんな遊びを交えた練習も、、、


081111.2


 USCではテーパーをチューニングと表現そうです。その辺の日本との違いも勉強していきたいと思っています。



See you NEXT !

Hollywoodへ

2008年11月10日 10:49






081109.1

 最寄りの地下鉄の駅ビル。徒歩5分圏内にありました。




 比較的治安の良い地下鉄を使って、ハリウッドへ。初めて公共交通機関を使いました。いつも車移動なので、、、ロスの地下鉄は乗り換えしなければ、どこまで行っても1.25ドルなので、お得です。



081109.2


 地下鉄で約10分のハリウッド・ハイランドへ。ウインドウ・ショッピングをしようと思ったのですが、ついつい余計な出費を、、、




 カリフォルニアブランドのオークリーでサングラスを買ったのですが、家に戻って日本での販売価格を見てびっくり!円高の影響もあって、日本の半値近い値段で買えました。




 ハリウッド近辺を散策し、途中で学校のクラスメイトに遭遇し、のんびりとアクティブに休日を堪能しました。




 また、明日から練習です。そして、ついにアリゾナ戦です。



See you NEXT !

天気は良好!真夏の日差し

2008年11月09日 08:53






 今日は、とても暑かったです。予報では最高気温27℃でしたが、体感は30℃以上でした。



 通常であれば、Pasadena Dayですが、今日は試合が遠方であるということなので、USCの練習に行きました。土曜日の練習を見るのは初めてです。



 今日は、Saloコーチが勧誘の関係で、Paulコーチが社会人選手の練習を見ていた関係で大学生の練習を見ていたコーチは僕を含めて3人。当然、お仕事が回ってくるわけで、ひたすらタイム取りをしました。



 今日は、久し振りの50mコースで、


Main Sets
1*100 @ 2'00" Cruise
1*50 @ 50" Best Stroke FAST from DIVE
1*100 @ 2'00" easy
1*100 @ 1'40" Best Stroke FAST from DIVE
1*200 @ 4'00" easy
1*100 @ 1'40" Best Stroke FAST from DIVE
1*200 @ 4'00" easy
1*50 @ 50" Best Stroke FAST from DIVE
1*100 @ 2'00" easy
1*100 @ 1'40" Best Stroke FAST from DIVE
1*200 @ 4'00" easy
1*50 @ 50" Best Stroke FAST from DIVE
1*150 easy


 今回は、サイクルの関係で、選手が10秒間隔でスタートし、特に100mは、折り返しの選手の波で泳ぎにくい環境ではあったのですが、100m平泳ぎのベストタイムが1分06秒7のSoni選手が、100mで1分14~15秒、50mで34秒台という結果を見れば、かなり疲労が蓄積しているのだろうと思いました。



081108.1

081108.2


 ファストの部分はタイム取りだったので、イージーの様子だけですが、、、



 おそらくこのままの状況で来週のレースを迎えれば大変なことになるので、水曜日までは通常練習で、前日の木曜日は少し強度を落とすか、道具を使わないかの処置をして金・土曜のレースへという計画になるだろうと勝手に予想していますが、Saloコーチの采配はどうなるのでしょうか。



 午後は、買い物へ。明日は、近場のハリウッド辺りに出掛けようかと思っていますが、気分次第です。



See you NEXT !

うれしい報告

2008年11月08日 10:10






081106.1


 目覚めの悪い朝でしたが、テキパキと朝練へ。



 こういう時は、いつも自分に言い聞かせるようにしています。"絶対に眠い顔をしない"と。どんなに調子が悪くても、最低限の仕事をし、その最低限度のレベルを上げていけば、どんなに調子が悪い時にレースが当たっても、最低限のレースは出来ると、選手時代に教えてもらったことがあります。そこが分かれ道だと思っています。



 さて、今日の朝もいま一つ調子の上がらない選手たち、、、


Main Sets
Kick
9*100 @ 1'30" w/Fins & Snorkel STRONG Limit: 1'00"
9*100 @ 1'20" w/Fins & Snorkel STRONG Limit: 1'00"
9*100 @ 1'20" w/Fins & Snorkel STRONG Limit: 1'00"
一部追加で
9*100 @ 1'15" w/Fins & Snorkel STRONG


 キック練習の応酬でした。厳しい練習ですが、今は耐える時期です。



 午後は、ミドルグループに配属され、

Main Sets
Swim
8*100 @ 2'20" w/Paddles Over Race Pace


 1人で7コースのタイム取りを任されましたが、さすがに全部取ってあげることは出来ず、時間を読み上げるだけで終わってしまいました。



 体は動くがタイムが出ない、、、そんな状況です。こんな状況は、スタッフも承知で、メインセットで練習は終了。約1時間の集中した練習で終わりました。



 また明日、1日の辛抱という所でしょうか。




 練習後、Paulコーチに呼ばれ、

 "最初練習を見に来たいと言った時は、どれくらい来るのか分からなかったけど、毎日休まず来るから"と、USCのユニフォームを沢山いただきました。


081107.1


 このSwimming & Divingのロゴが入ったユニフォームは、USCグッズ売り場では買えない貴重な品々です。



 特にお気に入りは、、、

081107.2


 ゴーグルをつけたUSCのトレードマークのトロージャンです。来週のアリゾナ戦は、全身USCで行きます。



See you NEXT !

Not very good

2008年11月07日 10:41






 朝はドライランドへ。サマータイムの終了で幾分か明るい朝となりました。


081104.1



 約15分のランニング、メッドボールを使ったペアでのタップツイスト&チェストパス、チューブトレーニングなどを中心に約45分。



081105.2


 サーキット形式のトレーニングもありました。



 その後は、体育館に移動し、ストレッチのセットを行い、終了。朝はいつも良い雰囲気で練習が出来ています。




 午後は一変、動きの悪い選手が多かったように思います。



 トレーニングのベースとなるRace Paceを常に意識し、あらゆるアプローチでRace Pace強度の刺激を体に染み込ませている状況ですが、うまくいかない時もあります。



 明日の朝練でいい泳ぎをしてくれることを期待しています。



081105.3



 壊れていた掲示板も直り、来週の対抗戦に向けた準備が着々と進んでいます。スタッフ陣営もアリゾナ戦をかなり意識しているような感じでした。



See you NEXT !

お叱り

2008年11月06日 12:51






 キリっと冷え込んだ朝。通常のウエイトからスタートしました。気温は10℃を切るまでに落ち込みました。


 ウエイトは、ウォーミングアップを含めて約1時間。室内は、ポップな音楽に包まれ、朝から意気揚揚とトレーニングに励むのは、アメリカの国民性の表れなのでしょうか。スタッフも含めいつも元気そのものです。



 ウエイト後はプールに移動し、スイム練習へ。USCのプールは25Y×50mのプールなんですが、使うのはいつもショートヤードコースです。これは、NCAAがヤードプールであるからというよりも、高強度でトレーニングを実施するにあたって、必然であると考える方が自然だと思います。



 今日は生憎、プールにロープが張られえいなく、コース準備から入ったのですが、極寒のため、皆積極的にはプールに入らず、セッティングは難航、、、もたついている所で、Jeremyコーチの一喝を受けました。




 更衣室で鏡を眺めていたり、もたついていた選手には、罰として、プールサイドで練習を見ているよう指示していました。



 上下長袖を着ていても凍えるのに、一度濡れた体に朝風を浴びた選手は凍死するのではないかと心配しましたが、しっかりと反省してもらいました。明日からは、急いで準備に取り掛かろうと身に沁みて感じてもらえればと思います。こちらも忘れかけていた何かを感じました。



 ということで、不謹慎すぎて写真は撮れませんでした。



 午後はOFFで、ゆっくりし、また明日から2回練習です。



See you NEXT !

練習から得るもの

2008年11月05日 11:14






 今日の練習は刺激的でありました。また、新たなアイディアを生むキッカケになりそうです。今日は1日、1スタッフとしてお仕事を。午後には、1つのグループを担当し、練習をやらせてもらいました。




 午後は、共通のW-up 4-3-2をし、



7rounds
Swim
1*100 @ 1'45" w/Paddles Fr Catch-up 5kicks rotation
2*25 @ 35" w/Paddles Fr odd: 15kick FAST 10swim FAST, even: All FAST n/breath


 その後、スプリントグループをSaloコーチ、ロンググループをCatherineコーチ、平泳ぎグループをPaulコーチ、背泳ぎグループをJeremyコーチ、バタフライグループを僕が担当し、Jeremyコーチが用意してくれたメニューを執り行いました。


Bu Group

3rounds
Swim
4*25 @ 25" 1st: w/Bucket Best Stroke FAST, the others: Best Stroke FAST
6*50 @ 40" 3rd & 6th: Best Stroke Race Pace, the others: Free 200's Race Pace
1*200 FreeIM

7rounds
Swim
1*25 w/Bucket Best Stroke FAST
1*25 Running Dive FAST

Loosen Down


 練習の目的、ターゲットとするタイムの説明を受け、練習のタイム取り、グループの盛り上げ、選手からの質問への応対等、出来る限りの事はやってみました。これも、Jeremyコーチが、僕に練習を見る機会を与えてくれたのと、うまく流れているか、選手のタイムを聞きに来たり、声出しを手伝ってくれたり、状況を見ていてくれたから、出来たことだと思います。



 最後の、ランダイブは、男子選手で最高9秒2(単純計算で25m=10秒06)、女子選手で最高11秒4(同12秒46)。とてもいい記録だと思います。良い雰囲気で練習が出来たのは何より良かったと思います。
 


 僕が練習を行う上で限定要因となるのは、やはり英語力です。教えてあげたい事、伝えてあげたい事は分かっていても、それを英語で伝えるのが非常に難しい。アーバイン時代から、僕の"th"の発音は良くないと言われていましたが、選手も僕のthirty(30)の発音は聞きづらいらしく、何度か聞き直されました。日本語調のサーティーでは伝わらないので、やっぱり発音の習得は必須だと感じました。



 アリゾナ大学戦まであと10日です。この時期にしっかり鍛錬して、ワンランク上のレベルで試合に臨めるようこちらも頑張らなくてはいけません!



p.s. 写真ありません、、、自分の事で精一杯でした、、、




See you NEXT !

冬支度

2008年11月04日 11:03






 急に冷え込んできました。もう半袖では寒いです。一時の寒波かもしれませんが、、、


081103.1


081103.2


 朝はお決まりのウエイトでした。いつも同じメニューのような気がしますが、全身満遍なく鍛えているので良いのではないでしょうか。



 そして、ウエイト後のスイム練習は、、、


081103.3


081103.4


 綱登りになり、これを1人何回かやって終了、、、




 午後は、スイムで、

W-up 4-3-2

Swim
10*50 @ 1'00" w/Paddles Catch-up Free
10*50 @ 1'00" w/Paddles 1st25: Head-up Br-pull, 2nd25: 3*1st1kick and then Br swim


Main Swim Sets
3rounds
3*100 @ 1'15" w/Fins Best Stroke 1st: 1st+4th Race Pace Split, 2nd & 3rd: Over Race Pace

1*500 Loosen

3rounds
3*75 @ 1'15" Best Stroke FAST

Loosen Dwon


 といった感じでした。メインスイム時にSaloコーチと屋上に上がって、ビデオ撮影をしました。


081103.5


081103.6


 階段が内階段ではなく外階段で、昔の銭湯の煙突に取り付けられたような階段だったので、上る時は怖かったです。



 いい写真が撮れたので、少しだけ、、、


081103.7


081103.8

081103.9


 独特の泳ぎをするSoni選手です。



 それではこの辺で、、、



See you NEXT !

100 Laps Swim

2008年11月02日 10:38






 予定通り、Swim Pasadenaへ。



 今日はイベントのようなことをやっていて、保護者が沢山来ていました。



 イベントの名前は"Annual Swim Marathon"




 内容は、100ラップ泳(5000Y泳)、、、



0811.1


081101.2


 泳ぐ、泳ぐひたすら泳ぐ、、、



 10歳くらいのチビッコも泳ぐ、泳ぐ(たぶん100ラップはやっていませんが)。お父さん・お母さんがラップをカウントします。まだ~って聞いてる選手や競争を始める選手。




 で、終了、、、



 悲しすぎるジュニアの練習です。



 で、開会前にTerryコーチからお話があり、昨シーズン1年間の保護者からの寄付金が20000ドルを突破していたそうです。20000ドル?約200万円です。すべて選手強化に充てられたそうです。やっぱお金持ちのスポーツなのでしょうか。



 今日はこんな感じでした。ちなみに優勝者の記録は53分台でした。速過ぎる、、、さすがゴールドクラブ。



See you NEXT !

Happy Halloween !

2008年11月01日 10:53






081031.1


 良き文化に触れるのも留学の目的の1つかもしれません。朝練へマスクで登場もアメリカならではでしょうか。



 生憎、語学学校へはカメラを持参していないので、貴重なハロウィン授業の様子は残せませんでしたが、今日は魔女に授業をしてもらいました。アメリカ人が魔女に変装すると本当の魔女のようで、少し不気味でした。



 夕方の、変装した子供達がバケツ片手にお菓子を求め、街を散策する光景は日本では見られないものだと思います。語り聞きでしか知らないハロウィンを肌で感じ、また1つアメリカでのいい思い出ができました。



 それにしても、アメリカトップイベントのクリスマス前に一時帰国をしてしまうのは惜しい気がします。本場のクリスマスは、日本で考えるものより壮大だと聞きますから。なんとか調整出来ないものかな~



 さて、こんな日でも練習はお構いなし


W-up 4-3-2

Swim
7*75 @ 1'10" w/Paddles & Snorkel Free Over Race Pace

Swim
2rounds
7*25 @ 35" w/Paddles Best Stroke FAST swim with PASSION !

Kick
8*50 @ 1'00" Side Kick Mix


 この後、スプリントグループに合流し、

Swim
4rounds
3*25 @ 1'20" Choose some Equipments Best Stroke FAST swim with PASSION !
1*100 1'30" Choose some Equipments Best Stroke Des. to MAX SPEED


Loosen Down



 何でこんなに朝の練習に強いのだろうかと不思議に思うほど、いいトレーニングが出来ていました。



 前半の合同練習の部分で、Soni選手の泳ぎを中心に見ましたが、いい時の泳ぎと悪い時の泳ぎの違いが見えてきました。元々、ストロークにインスウィープのない特殊な泳ぎですが、キャッチ時の手の平の向きは完全に外向き、リカバリーのために手を返す時に肘が立ち、そのままリカバリーという泳ぎです。



 大きなパドルを付けて、FAST時にテンポが1.2くらい、頭が水面に浮上し、完全に浸水までに約0.6秒。結構短い呼吸時間だと思います。ストロークにインスウィープがない分、呼吸時間(体が立つ時間:ストリームラインが崩れる時間)が極端に短くなるのだと思いました。



 午後は、住まいの契約の関係で行けませんでした。



 明日は、パサデナクラブの予定です。




081031.2


 夜明けだけに見れるカリフォルニアのブルースカイです。神秘のオーロラのようです。これが見れるだけで、十分朝練に来た甲斐があります。



See you NEXT !



RECENT ARTICLE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。