スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸刃

2008年10月31日 10:30






 恐る恐る朝の練習へ。



 というのも、今日の朝はドライランドの日。またペアを組んで一緒にやってくれと言われないか脅えていました。2日前の筋肉痛は癒えず、動けば関節共々痛みます。




 約15分間のランニングの後、男女に分かれ、いつものように男子に合流し、フィールドへ。




 幸いペア練習ではなく、今日はサーキットでした。



 薄明かりの中、チューブストローク30秒ととメッドボール腹筋30秒を交互に5セット程やった後、フィールドのトラックを使い、


2rounds

100mウォーキングランジ→100mダッシュ→100mウォーキングランジ→懸垂10回→100mダッシュ


 この後、約20分間お説教を食らい終了、、、



 内容は、同じチームで同じ練習をしていて、なぜ五輪で金メダルを取る選手とベスト記録も出せない選手が存在するのか?というもの



 ずっと練習を見ていて感じていたのは、Saloコーチ流の高強度を主体にしたトレーニングは、毎回自分の100%の力を出してトレーニングに励んでいれば、成果は出せるが、外せば外れる諸刃の刃のよなものです。しかも、モチベーションの維持は持久力を主体にしたトレーニング方法よりも難しいということ。



 今日のお説教で変われるか男子陣?



 午後は、いつもの高強度セット


W-up 4-3-2

Swim
3rounds
5*100 @ 1'20" w/Fins & Paddles & Snorkel Free STRONG

3*100 @ 1'30" w/Fins & Paddles & Snorkel Free FAST Limit: 50" for men, 55" for women
(個別にやり直しあり)


 その後、ミドルグループに合流し、

Kick
10*75 @ 1'10" Fr 25Easy50Fast

Pull
4rounds
3*50 @ 1'00" w/Paddles & Buoy Head-up quick recovery
1*100 @ サイクル忘れました Ba Double Arm

Swim
8*50 @ 50" 1st25: Ba Double Arm, 2nd25: Br Stroke + Fr Kick

8*25 @ 35" Fly FAST

Loosen Down

081030.1

081030.2

081030.3


 今週はかなりキツイと選手が言っていました。



See you NEXT !

スポンサーサイト

half day off

2008年10月30日 10:40






 気付けばもう29日。月末です。今週は一層時が経つのが早く感じます。


 昨日のドライランドのダメージはあり、体の裏面、外面が痛いです。結構、腹筋運動もしましたが、それほどダメージはありません。明日へのお楽しみといった所でしょうか。



 朝のウエイトのメニューですが、見てもよく分からないのですが、、、


Counter Balance Lateral Squat R/L 3*10

Back Squat (Parallel) 3*8

RDL 3*5

DB Shoulder Complex 3*10E
Pos/Lat/Front

Chin Ups 3* Maxima Reps.

Houston Series 2*10

Bi's and Tri's if time permits


 メニューだけでは、チンプンカンプンです。今度、恐面のウエイトコーチに質問してみます。




 午後はoffです。ゆっくり過ごします。




See you NEXT !

 

タフ guys

2008年10月29日 10:23






 今日の朝は、ドライランドから。最近は、6時でもかなり暗くて困ります。今月でサマータイムが終了するので、幾分かは明るくなると思いますが、暗くてはメディシンボールも見えにくくて厄介です。



 今日は、2人組になって、負荷をつけた腹筋、肩周辺、背中を意識したドライランドになりました。今日は、1人人数が足りなくて、僕が一緒に選手とトレーニングをしました。



 ぺキペキと関節が鳴るわ、筋繊維が切れるような音がするわで、体の衰えを感じましたが、最後までやり切りました。実際にやってみて、体のどの部分を使うとうまく出来るのか、明日の筋肉痛の具合なんかでも刺激の部位が分かっていいと思います。



 ですので、今日は写真なしです。もちろん動画も、、、アップの様子も暗くて写りません、、、



 午後は、通常のスイムへ。



W-up 4-4-4 の後、


Swim
11*75 @ 1'30" Best Stroke Active Plan (odd-200's Race Pace, even-200's Race Pace +10")
11*75 @ 20" to 1'10" increase 5" rest per 1 time Maximam Power Speed


 その後、各グループに分かれ、ミドルグループに合流したのですが、トレーニング用のバケツを運んだり、選手のパドルのゴムが切れたので交換したり、シュノーケルの貸し出し、チューブにつけるベルトの交換など色々お手伝いをしていたら、どんなメニューをやっているのか分かりませんでしたが、かなりのハードワークが続いていました。



 最終メインセットは、

Main Set

Kick
4 rounds
1*75 @ 1'15" w/Fins Strong
1*25 @ 40" w/Fins FAST

Swim
3 rounds
1*100 @ 1'15" w/Fins & Paddles Moderate
1*200 @ 2'30" w/Fins & Paddles Maximam Speed

Swim
1*200 w/Fins & Paddles FAST limit: 200's best time
or
3*100 @ 1'30" w/Fins & Paddles FAST limit: 100's best time

Warm down 200


081028.1


081028.2




 今日のメインセットは、一度も道具を外すことはありませんでした。皆ぐったりとしていました。最後はタイム取りもお手伝いさせて頂いて、良い意味で忙しい練習でした。



 ようやくSalo流のトレーニング方法が分かってきました。随分練習も楽しく感じれるようになってきました。



See you NEXT !

世界の水泳情報

2008年10月28日 14:01






 最近の世界の水泳情報を少しだけ紹介します。

 -豪州-
 
 ・Robert Hurley(豪州) 50mBa 23.24 短水路世界新記録 World Cup @ Sydney

 ・Matt Jaukovic (豪州) 50mFly 22.50 短水路世界新記録 World Cup @ Sydney

 ・Grant Hackettが今季限りで引退を表明

 ・豪州Swimmer of the Year AwardをStephanie Riceが受賞
 
  -歴代受賞者-
  1990 Glen Housman QLD
  1991 Hayley Lewis QLD
  1992 Kieren Perkins QLD
  1993 Kieren Perkins QLD
  1994 Kieren Perkins QLD
  1995 Susan O'Neill QLD
  1996 Susan O'Neill QLD
  1997 Michael Klim VIC
  1998 Michael Klim VIC
  1999 Ian Thorpe NSW
  2000 Ian Thorpe NSW
  2001 Ian Thorpe NSW
  2002 Ian Thorpe NSW
  2003 Ian Thorpe/Grant Hackett NSW/QLD
  2004 Jodie Henry QLD
  2005 Grant Hackett QLD
  2006 Leisel Jones QLD
  2007 Libby Lenton QLD
  2008 Stephanie Rice QLD

 歴代受賞者を見ると、やはりクウィーンズランド州出身者が多いです。

 -米国-

 ・Elizabeth Pelton (North Baltimore) が女子200YBaのAge Group Record(13-14歳)を更新(1'56"01)

  単純計算で200mに換算すると、2分06秒87です。マイケル・フェルプス、ケイティ・ホフが所属するこのクラブはやはり世界最高峰か?行ってみたい、、、


 
 やっぱり世界の情報が取れるようになったのは、アメリアに来て学んだことの1つです。常に記録は伸びているという印象です。次回の五輪はさらにレベルの高いレースになることでしょう。


See you NEXT !

今日も快晴

2008年10月28日 09:00






 連日30℃オーバーのロサンゼルスです。ここは常夏かと思わせるくらい毎日暑いです。朝晩気温が10℃以下になるのを除けば、まだまだ夏シーズンです。


081027.1


 今日は1日のーびりした練習でした。朝はいつものウエイトをし、その後プールで軽ーく流し、午後は、フリスビーをして遊んで(?)、プールで遊んで終了。



081027.2


081027.3


 先週とは雰囲気の異なる月曜日になりました。まぁこんな日もあるのかなという感じです。




 さて、アメリカでは今週末にハロウィンがあります。日本じゃ可愛い子供のパーティーのイメージですが、本場は結構ダークなイメージです。街全体がお化け屋敷のようにデコレイトされてきました。ジェイソン風のマスクを被った語学学校の受付の人はリアルに怖いです。


 これもアメリカの文化的な習慣なので、練習もありますが、雰囲気は味わっておきたいです。



See you NEXT !

ロンドン五輪に向けた4年計画

2008年10月27日 10:54






 USA Swimmingがロンドン五輪に向けた4年計画を発表しました。主要大会は、


2009
Feb13-16 Grand Prix - Columbia, MO - (long course)
Mar 5-7 Grand Prix - Austin, TX - (short and long course)
May 14-17 Grand Prix - Charlotte, NC - (long course)
June 11-14 Grand Prix - Santa Clara, CA - (long course)
Jul 7-11 ConocoPhillips National Championships - (World Championships Trials) - Indianapolis, IN
Jul 26-Aug 2 FINA World Championships - Rome, ITA

2010
Feb 12-15 Grand Prix - Columbia, MO - (long course)
Mar 4-6 Grand Prix - Austin, TX - (short & long course)
May 13-16 Grand Prix - Charlotte, NC - (long course)
June 17-20 Grand Prix - Santa Clara, CA - (long course)
Jul 8-11 Grand Prix - Los Angeles, CA - (long course)
Aug 3-7 ConocoPhillips National Championships (World Championship/Pan Pacific/World University Games Trials)
Aug 14-Aug 22 Youth Olympic Games - Singapore
Aug 18-23 Pan Pacific Championships - Irvine, CA - (August 23 10K)

2011
Feb 18-21 Grand Prix - Columbia, MO - (long course)
Mar 3-5 Grand Prix - Austin, TX - (short & long course)
May 12-15 Grand Prix - Charlotte, NC - (long course)
June 16-19 Grand Prix - Santa Clara, CA - (long course)
Jul 14-17 Grand Prix - Los Angeles, CA - (long course)
Jul 24-31 FINA Long Course World Champs - Shanghai, China
Aug 2-6 ConocoPhillips National Championships (Pan American Games Trials)
Oct 13-19 Pan American Games - Guadalajara, Mexico

2012
Feb 17-20 Grand Prix - Columbia, MO - (long course)
Mar TBD Grand Prix - Austin, TX - (long course)
Mar 30 - Apr 1 Grand Prix - (long course)
May 3-6 Grand Prix - Charlotte, NC - (long course)
May 25-28 Grand Prix - Santa Clara - (long course)
June 17-24 U.S. Olympic Team Trials - tentative
Jul 27-Aug 10 Olympic Games - London, UK (swimming tentative Jul 28 -Aug 4)


 アメリカとしては、大きな区切りとしてオリンピックを捉えているようで、社会人選手は、この膨大な数のレースをこなし、次回のロンドンへ繋げていくのでしょう。


 この計画を見ていると、どうやら2010年のパン・パシフィック選手権は、アーバインで開催さえるようで、アーバインのどこでやるのかを調べてみると、NOVA Aquaticsが拠点にしているプールだと分かりました。


081026.1


 プールは3面ありますが、そんなに大きくはないプールです。という事は、屋外競技となります。


 
 何事もすべて計画通りに行くとは思いませんが、行き当たりばったりで成功するとも思いません。こんな計画が組む人はUSAの影の立役者なのかもしれません。


See you NEXT !

v.s. Notre Dame University

2008年10月26日 10:29






 今日は、USCでNotre Dame大学との対抗戦でした。Notre Dame(ノートルダム)大学は、インディアナ州にある大学で、フットボールが強豪で有名だそうです。


081025.1


 アメリカの対抗戦は、日本の早慶戦や東京六大学対抗戦の方式と似ていて、各種目に各校4名づつエントリーし、交互にコース分けされます。両サイドを対戦校の選手に挟まれて泳ぎます。得点はこの各校4名の順位で決定し、総合点を出します。


 日本の場合は、各校3名で、学生選手権も同じです。ということは、NCAAも4名エントリーなのでしょうか?となると、総合争いをするには、かなりの選手数が必要です。やっぱり総合優勝をする大学と五輪メダリストを出す大学では、指導方法が異なってくると思います。


 
 今日の対抗戦を見て思ったのは、選手は皆、練習用の水着でレースに出ていたということです。さすがに、負荷を出す水着はいませんでしたが、全員ビキニタイプの水着でした。



 完全に練習の一環のレースという感じでした。



 アメリカの冬季シーズンは、3月のNCAAまでヤードレースが続きます。25Yは22.86mで、潜水は15mまで許可されているので、この潜水制限をフルに活用すると、25Yの内、実際に泳ぐのは7.86mになります。なので、スタート、スタート後の潜水、ターンはとても重要ですし、USCでも物凄く練習します。



 あとは、いつも高強度練習をしていますが、もっともっとスピードをつけないと、ショートヤードコースのレースでは勝負できないと感じました。習慣付けて練習していたレースペースを意識したトレーニングは、まだフィンやパドルをつけて、こなせる程度なので、これが今後、道具なしでできるようシフトするのか、道具は使ったままショートサイクルになるのか、本数を増やすのか、今後の練習の方向性が楽しみです。


081025.2


 対抗戦の後は、各校で全員に握手。なんかバレーボールやサッカーの試合後のような感じでした。



 そして、次のレースは、3週間後のv.s.アリゾナ大学です。12月末までの3ヶ月で僕が見れる最後のレースになります。12月にHusky Inviteという大きなレースがあるのですが、場所がかなり遠方のシアトルなのでお留守番の予定です。



 また月曜より通常練習です。



See you NEXT !

速報 Women SMU Invite @ Dallas

2008年10月25日 11:21






Women 400Y MR

1 USC 3'38"65 24points

1) Lahey, Kristen SR 2) Soni, Rebecca SR 3) Krisman, Tanya FR 4) Waller, Rachael SR
26.47 54.48 1:22.88 1:54.47 2:20.11 2:48.66 3:12.50 3:38.65

Women 100Y Br

1 Soni, Rebecca SR USC 1'00"32 16points
29.04 1:00.32


 順調のようです。


See you NEXT !

今日の練習 明日の試合

2008年10月25日 10:39






081024.1


 綺麗な日出でした。澄んだ空はとても綺麗でした。



 今日の朝は、

W-up
1*400、4*100、4*50(通称4-4-4)の後、

Swim
5rounds
4*100 @ 1'45" w/Fins & Paddles FreeIM(Fr-Ba-Br-Fr) Fr: FAST

Swim
4rounds
7*25 @ 40" w/Fins
1st&2nd: 5" wall kick + turn + 6UW kick + H-up kick
3rd&4th: 6UW kick + Strong Finish
5th: B-up
6th: FAST
7th: Easy

W-down 3*50

 トータル4050Yでした。


 USCの練習は、午前にウエイト1時間+スイム1時間(月・水)、ドライランド1時間30分+ストレッチ&ヨガ30分(火・木)、スイム2時間(金・土)。午後にスイム2時間(月・火・木・金)であります。必ず2時間以内で終了する短時間集中・質重視のタフな練習です。


 さて、午後は、ロンググループに合流し、

Main Set
Swim
1*300 Ba Catch up, Ba normal swim /50 Active Rest
5*100 @ 1'20" Fr or IM odd-Race Pace, even-easy
1*300 Fr, Ba/50 Active Rest
5*100 @ 1'20" Fr or IM odd-Race Pace, even-easy
1*300 Choice Active Rest
5*100 @ 1'30" Fr odd-over Race Pace, even-easy


 明日のレースを想定した練習となりました。結構ハイペースで泳ぐ選手がいたので、Paulコーチに伺うと、ハンガリーの北京代表選手だそうです。


 意外と知らなかったのですが、他国の北京五輪選手が3人いました。


Katinka Hosszu (Hungary) Swimming (200m, 400m IM) Incoming freshman
Ankur Poseria (India) Swimming (100m Butterfly), USC senior
Zoltan Povazsay (Hungary) Swimming (800m Free Relay) Current USC junior


 アメリカ国籍の選手、OB・OGを含めると水泳だけで総勢11名いたそうです。知りませんでした。



 さて、明日は男子の試合です。アメリカ大学水泳の雰囲気を味わってきたいと思います。


See you NEXT !

眠らない街 眠れない街

2008年10月24日 10:16






 L.A.ダウンタウン周辺は24時間、保安目的であろう警察のヘリが旋回しています。治安を保つためには必要な警備なのでしょうが、すぐ上空を旋回されると、騒音にも近いプロペラ音がします。



 私の就寝のデッドラインは23時で、それを超えて起きていると翌日の活動に支障が出ます。昨日は、22時頃には床につき、ウトウトしていた頃、外で花火を打ち上げる愚か者が、、、



 うるさいなぁなんて思ってた頃に、重い鉄の扉を力一杯閉めたような金属音がしました、、、



 すぐにヘリがやって来ました。しばらくしてパトカーも、、、



 まさか今の音は、聞いてはいけない音だったのかなと一瞬で思いました。



 ヘリはしばらく上空を旋回し、騒音を撒き散らし、パトカーは容赦なくサイレンを鳴らし、昨日はほとんど眠れませんでした。



 こんなおっかない日に朝練のため夜道を走りたくないし、眠れなかった事もあって、朝練を断念。多少危ない場所なので、危うきには近づかないように。



 それにしても夜花火の制裁にしては痛すぎる一発でした。ただ何かで大きな音を出しただけなのか、Gunだったのか、けが人その他は不明ですが、迷惑な1日であったことには変わりありません。





 さてさて、午後はこの時期に34℃という猛暑を記録し、日差し、日焼けと格闘しながらの練習となりました。珍しく、アシスタントコーチは欠席で、Daveコーチ一人で20コース45人の選手を指導していました。


081023.1


 明日から女子はダラスで2008-2009シーズンの初戦SMU Invite、男子は土曜日にUSCでシーズン初戦のv.s.Notre Dameがあります。今日の練習では、いつもの高強度を少し長いサイクルで、さらに強度を上げて行いました。


 さらっと1時間40分で練習を切り上げ、今日は終了。



 いよいよシーズン開始です。



 金メダリストにも注目です。


081023.2



See you NEXT !

光のない迷宮はない

2008年10月23日 05:35






 朝5時45分。最近は毎朝USCより日の出を眺めています。海を越えた日本でも時差を超えて、日の出を背に練習に励んでいる選手・コーチがいるんだろうなと、ふと姨捨山の気分で練習に参加しました。姨捨山は"月"ですが、、、



 いつもの通りのウエイトから始まり、肩回り、胸部周辺を中心に、補足的に骨盤周辺のトレーニングもあります。


081021.1


 プールに移動後は、約30分間、1000Yのショートプラクティスを行い、終了。



 、、、、




 USCの週の練習量は約30km。1つのグループを集中して見ているわけではないので、確信はありませんが、ロンググループも大差はありません。日本じゃ2日で消化する程度です。




 分からない事は何でも聞かないと、いつまで経っても消化不良は収まらないので、1980年代から2000年代にアメリカへコーチ留学した日本人コーチの話、日本の練習方法、USCとの違いなどなど、思い切ってPaulコーチに聞きました。



 なんだか途中でUSCの練習を否定しているようで、嫌な気分になったので、深くは聞きませんでした。アシスタントコーチ一同、やはりこの練習でホンの2か月前に世界記録を出した選手がいることで揺らぐものはないと言った感じでした。僕自身もこれが唯一の心の安らぎです。もし、一流選手がいなかったら移籍も考えたかもしれません。



 日本の感覚や常識では到底理解できない事ばかりですが、信じて学ぶのみです。近々これが世界のトレンドになるかもしれないですし。




 そう、今週よりイギリスからもUSCにコーチ留学に来ているコーチがいます。1週間の滞在ですが、イギリスの練習方法なんかも聞けて、一石二鳥です。



 彼のクラブでも朝にウエイトはしないとのことでした、、、



See you NEXT !

いつも科学は後手なのか

2008年10月22日 10:49






 今日は、funnyな映像から、、、



 水泳には関係のない映像ですが、朝のトレーニングの際にfootballの選手が登場し、一見おデブちゃんのような体つきの選手たちが、軽快なフットワークでトレーニングしている様子です。





 この中に、テレビで大活躍のスター選手がいるのかもしれませんが、見た目と違う俊敏な動きに、Paulコーチと陰でゲラゲラと笑ってしまいました。



 さて、本題へ、、、



 午後は、各グループを順に見て回りました。どこも高強度練習でした。USCで、各グループ共通なのは、必ずと言っていいほど、何か道具を付けて泳ぐということです。



 日本では、ドリルの際に姿勢を維持したり、同じ動作を繰り返すために、フィンを履いたり、シュノーケルを付けたりしますが、USCでは、ドリルのために道具を使う事はほとんどありません。というか、ドリルはほとんどありません。道具を使う目的は、体に負荷を与えるためだけです。



 筋への刺激、ただ一点の練習です。Loosenにパドルを付けてやることもあります。どうやって、筋をほぐすのか理解に苦しむ時もあります。



 通常、運動時間が短くなれば、無酸素性能力の関与率が高くなるので、200mを2分で泳ぐ場合と1分55秒で泳ぐ場合では無酸素性能力の関与率は異なり、後者の方が高くなります。こう考えると、記録短縮に高強度トレーニングをするのは、間違いではないと思います。



 が、極端すぎるのではないかとも思う一方、結果で証明する事実もあり、複雑な状況です。



 Daveコーチの理論では、1500mの選手の記録は出ないというのが自身の率直な感想です。まあ、結論を出すには時期早々ですが、、、




 で、練習ですが、最後ミドルグループが、

Swim
2rounds
1*50 @ 1'30" 1/3rd FAST from Dive
1*50 @ 2'00" 2/3rd FAST from Dive
1*50 @ 2'00" ALL FAST from Dive


 スプリントグループが、

X rounds
1*50 w/Fins FAST from Dive


 日本ではテーパー前の鍛錬期でのみ行う、高強度練習ですが、普通にやっていました。しかも、ショートサイクルで、、、




 今日は、選手の記録は内緒ということで、、、



See you NEXT !

常に高強度トレーニング

2008年10月21日 09:31






 OFF明け月曜日の朝練は、ウエイトトレーニングからでした。とても広いトレーニングルームは羨ましい限りです。


081020.1

081020.2


081020.3


 今日は、ゴツいフットボールのトレーニングコーチの下、トレーニングを行い、ぼーっとしてる奴は出て行けと罵声が飛んでいました。



 上半身、下半身と満遍なく、約1時間汗を流し、プールへ移動



 アップ400Yの後、キック25Yを12回行い、まさかのメイン練習突入、、、


Main Set
16*50 @ 1'00" Best Stroke Over Race Pase !


 じーっとタイムを取りながら見ていましたが、OFF明け月曜日の朝のウエイト後とは思えないくらい体が動いていたし、失礼承知で、今までの練習でよくここまで泳げるなあというのが印象でした。



 Soni選手は、1本目~4本目が33秒前半、5本目~12本目が32秒前半、13本目~15本目は31秒台、ラストは31秒1でした。200YBrの全米記録が2分6秒5ですので、今シーズン中に全米記録は更新してくるだろうなという印象でした。まあ、長水路の世界新記録保持者なので、当然と言われれば当然かもしれませんが、、、



 いずれにせよ、OFF明けだろうが、朝だろうが、ウエイト後だろうが、関係なくいつでもベストパフォーマンスが発揮できるように、トレーニングをしていかなくてはいけないと思いました。



 朝は、この練習で終了し、トータル1700Yでした。




 午後は、アップの後、


Men
Kick 3*300 @ 3'00" w/Fins 3strokes before every turn
Kick 4*200 @ 2'00" w/Fins 3strokes before every turn
Kick 5*100 @ 1'00" w/Fins 3strokes before every turn
Kick 10*50 @ 30" w/Fins 3strokes before every turn
Swim 20*25 @ 15" w/Fins


 で、サイクルアウトの罰は、クランチをメニューが終わるまで、、、

081020.4


 常に、高強度練習です。



p.s. 私のメールアドレスですが、事情により、一時利用できなくなっています。復旧までしばらくかかるそうなので、ご連絡はkaji_satoru@yahoo.co.jpへお願いします。ご不便おかけします。私も、メールが使えなくて大変不便しております。



See you NEXT !

USA Swimming's Gold Medal Clubs

2008年10月19日 10:14






 Gold Medal ClubであるSwim Pasadenaへ行ってきました。USA Swimmingが格付けするGold Medal Clubは、優秀な選手が在籍するクラブで、カリフォルニアには5クラブあります。内4クラブはロサンゼルスにあり、


Irvine Novaquatics Irvine

Mission Viejo Nadadores Mission Viejo

FAST Swim Team Fullerton

Swim Pasadena Pasadena


 今日は、Swim Pasadenaへ行ってきました。これで全4クラブを視察したことになります。




081018.3



 やっぱり、どこもジュニア選手は泳ぎます。今日は10歳~12歳を中心に見ましたが、



 メイン練習は、

12 Rounds
Swim
1*100 @ 1'30" Moderate
2*75 @ 1'15" Faster
3*50 @ 45" FAST
4*25 @ 30" 100% FAST


 トータル6000mの長丁場のメイン練習でした。練習時間は、ドライランドを含め3時間30分でした。



 今日は、ヘッドコーチのTerryコーチが遠征で不在でした。他所でラクテイトテストと水中撮影をしているそうです。ジュニア層でも、やる所はやっているようです。



 今日、練習を見ていたのは、Terryコーチの娘さんで2002年のパンパシ横浜を視察しに日本へ来た事があると言っていました。誰に招待されたか聞くと、日本では有名なクラブ、代表者の名前が挙がりました。



 日本に来た際に、ジュニアコースのレッスンにも入水されたそうで、"1、2、3、パッ"って教えてたそうで、外国人コーチとあって、クラスは大盛況だったそうです。



p.s.シート上げをするチビッコ選手。アメリカでは当たり前の光景です。朝の7時からご苦労様です。


081018.4
 

時にリラックス

2008年10月18日 09:32







 今日は学校のテストがあったので、朝練は休ませてもらいました。その割に散々な結果でしたが、、、



 今日の午後は、いつものアップの後、アメリカでは恒例のアレがありまして、、、



 ご指名を受けた2人の男子学生が400YのIMを泳ぎ、4分5秒以内(400mに換算すると4分29秒くらい)なら、練習をせず、エンタメ練習へとのこと。


081017.1


081017.2


 こういうチーム一丸の応援もまた1つの目的でしょう。



 結果は残念!4分8秒でアウトでした、、、



 が、別の学生が再チャレンジし、4分4秒9で無事フィニッシュ!4人のコーチで微妙に記録の差はありましたが、、、僕の計測では、4分5秒0でした。



 そして、コースロープを取っ払い、何人かは、腰に重りをつけて、


081017.4


081017.5


 ウォーターポロならぬ、ウォーターサッカーをバランスボールをボール代わりにやりました。




 今日の練習変更は、ヘッドコーチのDaveコーチの判断でしたが、話によると、昨日のバタフライのセットが予想以上の負担になっているとの判断からだったそうです。



 いいリフレッシュになったと思います。




 さて、明日土曜日は、計画通りにジュニアグループの練習を見学するために、少し遠出をします。Paulコーチにも話をし、了承していただき、そこのコーチの名前も教えてもらいました。




 問題は明日練習があるかどうかです。行ってみないと分かりません。



See you NEXT !

High POWER !

2008年10月17日 10:12






 昨日は、午後の練習が休みで、身の周りの掃除、買出し、少々の運動、メールの返信などなど溜まっていた事を済ませ、アメリカ水泳の歴史の勉強をしていました。



 それぞれのコーチには、コーチングの基礎となるバックグラウンドがあり、基礎を学んだ場所、人、時代によって考えも様々のような気がしました。



 今日の午後は、アップの後、


Swim
1*25 @ 20" w/Fins Fly stroke+Fr STRONG kick with 10 under water STRONG dolphin kick
1*50 @ 40" w/Fins Fly stroke+Fr STRONG kick with 6 under water STRONG dolphin kick per wall
1*75 @ 1'00" w/Fins Fly stroke+Fr STRONG kick with 6 under water STRONG dolphin kick per wall
1*150 @ 2'00" w/Fins Choice 6 under water STRONG dolphin kick per wall


 を2ラウンドやったところで、やり直しを言い渡され、4ラウンド追加



 これが終わった時点でさらに3ラウンドの追加を言われ、おまけに50~150はそれぞれ-5"のサイクルに変わりました。



 結局、このセットを9ラウンド。約40分間に亘り、ハードワークを繰り返し、疲れ果てた時に、


Swim 1*200 w/Fins IM FAST for Sprint and Middle Group
Swim 1*400 w/Fins IM FAST for Long Group


 を行いました。



 その後は、スプリントグループに合流し、


こんな練習や




こんな練習を1時間行いました。





 少しづつ常識はずれの練習の意図が分かってきたような今日この頃です。



See you NEXT !

驚愕、唖然、思考、戸惑い

2008年10月15日 11:06






 今日は、Daveコーチは午前、午後共にお休みでした。



081012.1




 午前は、恒例のみっちりドライランド1時間強。その後、体育館でストレッチ&ヨガをしました。体育館で一緒にストレッチ&ヨガをやっていると、段々眠気が誘い、危うく学校をサボることになりそうでした。




 午後は、いつものアップ(通称4-4-4: 1*400, 4*100, 4*50)の後、全員共通で、


4 rounds
S 1*100 @ 1'45" w/Paddles & Parachute Free, Br 2up-3under/25
S 4*25 @ 30" w/Paddles & Parachute Free non-breath
S 4*50 @ 40" w/Paddles all-out Limit: 25" for men, 27" for women


 Parachute(パラシュート)がpair of shoes(1組の靴)に聞こえて、靴はいて泳ぐのかと思いましたが、違いました、、、



 その後、いつもの3グループに分かれ、今日はミドルグループに合流しました。



Middle Group

Swim & Kick
10*100 3rd, 6th, 9th and 10th: Kick FAST @ 1'30", the others: Swim @ 1'10"

Loosen 50

3rounds
S 10*75 @ 1'00" 1st round: no-equipment, 2nd round: w/Fins, 3rd round: w/Fins & Paddles Limit: under 200's Pace

Strech & Down 3*50



 毎度ながらの高強度ワークでした。

 

 練習後、Paulコーチに、質問は?と聞かれたので、




 "毎日こんなハードワークをしていると、数ヶ月後に故障者は出ませんか?"と聞きました。




 答えは、、、




 出ないだろうということでした。出たとしても、それは大した問題ではないと、、、




 USCは、週に10回の練習があります。そのうちスイム練習は5回のみ(ロンググループは6回)。残りはドライランドとウエイトトレーニングです。ドライランドでしっかりと体作りをしているので、故障者はでないというのです。



 Paulコーチに、日本ではどれくらい泳いだか重要か?と聞かれたので、もちろんですと答えました。




 すると、、、



 USCでは、泳距離は重要ではなく、有酸素・無酸素トレーニングの比率も重要ではないと言っていました。現に、今日選手が何ヤード泳いだか知らないとまで言っていました。




 驚愕の事実でした。開いた口が塞がらないという感じでした。



 USCでは量よりも質を重視する。これは、3月のNCAAまで変わらないし、週5回のスイム、週5回のドライランド & ウエイトのスケージュールも変わらないそうです。





 かつて、日本のコーチがアメリカでコーチングを学び、日本に練習をカテゴライズし、管理し、分析する手法を取り入れた物とはかけ離れたものでした。



 当時からの20年でこうも練習の方法が変わったのか?USC特有の練習なのか?他はどうなのか?




 こんな問答を約15分、途中からアシスタントコーチのCatherineコーチもディベートに参加し、色々聞きました。もう少し英語力があればとも思いました。




 Paulコーチの師匠の1人であるアーバンチェックコーチも、USCに似た質重視のトレーニングにアクティブレストを適宜取り入れたものだったそうです。




 いやあ~まだまだ消化不良の感があります。また色々聞いてみたいです。



See you NEXT !

V.S. University of Arizona

2008年10月14日 10:27






 来月の14日(金)にUSCでアリゾナ大学との対抗戦があります。USCには、2人の五輪メダリストがいますが、総合力となると断然アリゾナ大学の方が上をいきます。男子は昨年NCAAを制していますし、、、



 アリゾナ大学で練習する選手もこのBlogを見ているかもしれないので、詳細は書けませんが、残り1ヶ月に迫った対抗戦へ向けて、Meetingを約30分行い、今日もハードな練習を行いました。




 アップの後、今日はすぐに各グループに分かれ、ロンググループは、、、




Kick 8*100 @ 1:30 w/Fins Limit: 1'00"
rest 1'00"
Kick 8*100 @ 1:30 w/Fins Limit: 55"
rest 1'00"
Kick & Swim 12*50 @ 45" w/Fins First 25: kick, Second 25: Fly swim only one breath Limit: under 27"
rest 2'00"
Swim 8*25 @ 30" w/Fins Fly only one breath

Swim 1*200 W/Fins & Paddles Free catch up
Swim 6*200 w/Fins & Paddles @ 2:15 Limit: 2'00"
Loosen 50
Swim 8*50 w/Paddles @ 1'00" Limit: 28" for men, 30" for momen

Strech & down

(ヤードプール)

081012.1


 目から火を噴きそうになるハードワークでした。



 9月25日に今シーズンをスタートしたばかりのチームがやる練習じゃないと思いました。



 シーズン序盤にどんな練習をするか?日本で主流は、ドリルワークをやったり比較的低強度の練習からだと思います。一部のチームは、一時的に高強度練習をして、その後、低強度・中強度の練習を始める所もあると思います。



 Daveコーチは、スロースイム(低強度)は筋繊維に必要な刺激を与えられないと言っていたと思います。厳密に言うと違うと思いますが、Daveコーチの理念として、レースペース以上の強度は、筋パワーのため、レースペース以下の強度は技術力向上のためと割り切っているようでした。



 最後に、水泳はパワー競技だと言っていましたし、それを証明したのは我がチームの2人の五輪メダリスト(200mBr & 400mFr)だとも言っていました。



 もし、3月のNCAAまで、この類の練習が続き、選手が結果を出せば、練習に対する考えを少し変えなくてはいけません。



 何かご意見があれば、コメントまたはメールをお待ちします。



See you NEXT !

一寸先は闇

2008年10月12日 11:18






 昨日から急に冬らしい気候に変わり、肌寒い日が続いています。




081011.1


 今日は、USCのAlumni Relayの日でした。USCのOB、OG、現役学生が一同に会し、リレー大会を行うイベントです。




 往年のスター、学生選手権2種目4連覇のJohn Naber氏も参加し、五輪メダリストが集結したお祭りイベントになりました。John Naber氏がUSCの卒業生だったとは知りませんでしたし、彼が200YのMRの第一泳者として、ノーキャップ、ノーゴーグルで泳いでいたのには時代を感じました。



 77年卒、53歳のJohn氏が50YのBaを29秒66で泳いだのにもビックリしました。




 今日のこのイベントで、本部席で大会の運営のお手伝いをさせてもらったのもいい経験になりました。



081011.2




 ここまでは、非常に非常にいい1日でした。ここまでは、、、




 イベントが終了し、帰路に着こうとストリートに行くと、車が、、、





 、、、、





 ない、、、





 いつも止めている場所に車がない、、、





 やられた、、、




 情報筋によると、USCでフットボールの試合がある時は、ストリートに車を止めてはいけないというルールがあるらしい、、、警告サインも出ていたみたいだけど、全く気付かなかったし、いつもの場所だから何の疑いもなく、車を止めたのが良くなかった、、、




 結局、遠く6マイル離れた保管場所まで、約2時間かけて歩いて車を取りに行き、途中道に迷い、思わず走り抜けたくなるような荒廃した住宅街を抜け、警察官にも道を聞き、ようやく車を取り戻しました。




 法外な罰金と引き換えに、、、




 額に驚いた、、、




 さすがに凹んだ、、、





 当分車には乗らないと決心しました。





 こういう出来事にも、私は運が良いと考えた方がいいのでしょうか?






 しばらくは無理そうです。





See you NEXT if I'm fine.

不況の余波

2008年10月11日 13:42






 今日は、朝練へカメラを持っていくのを忘れ、、、お伝え出来る画像はなし、、、



 昨日、Saloコーチから選手へ訓示があり、遅刻厳禁令が出されていたので、ほとんどの選手は時間通りの練習開始15分前にプールに来て、定刻6時から練習が始まりました。




 が、朝からピリピリモードがあり、"Hold On !" (一端中断&やり直し)を何度も告げられていました。




 こういう時は察して、ヘッドアシスタントのPaulコーチがいろいろ話しかけてくれます。




 今日、Paulコーチと話をして初めて知ったのですが、僕の大学の先輩の上司が以前Paulコーチと一緒にコーチング活動をしたことがあると言っていました。そして、世代を超えて、僕がPaulコーチとコーチング活動をしている。意外な繋がりにただただ驚きました。




 意外に世界は狭いと思いました。




 話は変わり、日本の経済状況は大変のようです。日本の経済はアメリカ経済の影響を受けているので、当然アメリカも大不況の真っただ中です。特に、金融系、不動産系企業は火の車です。




 今までは、それほど不況の影響を感じませんでしたが、突如、不況の余波が我が身にも、、、




 まだ、L.A.downtownに移動して1週間も経っていませんが、現在の住まいの大幅な契約の変更を言われました。詳細はまだ聞いていませんが、いくつか厳しい条件もあるので、週明けにもう一度話合いをして、日本と連絡を取って決めないといけません。




 アメリカ生活、問題は付き物。まだまだ余裕があるのでご心配なく。



 
 昨日撮った写真を1つ。

081010.1

 彼の耳の近くに付けているのは、テンポトレーナーです。ピッピッと一定間隔で電子音が鳴り、その電子音に合わせて、ストロークをする練習に使います。スプリントグループはテンポ1.0でスプリント練習をしていました。



 Saloコーチは、ストロークのスピードをかなり重視します。Saloコーチは博士の学位を持っているので、さすが博士って感じです。練習中に科学的な話もチラホラします。




See you NEXT !

朝型生活

2008年10月10日 10:00

 適応の早さに磨きがかかってきました。



 L.A.downtown周辺は、1~2時間に1回は警察か消防のサイレンが鳴り響き、昼夜問わず、静けさに包まれることはありませんが、もう気にならなくなってきました。裏を返せば危険なことですが、、、



 そして、朝型生活も1日で適応し、4時半に目を覚まし、せっせとプールへ



081009.1


 カメラがピンボケですが、、、カメラがまだ時差と朝に適応できていません(笑)



 USCは、まだ3日目ですが、あまりにも泳がなさ過ぎてビックリしています。特にショート・スプリントグループはこのペースでいくと週に30kmいかないのではないかと思っています。シーズン序盤だからか、高強度練習から始めるのか今はまだ分かりませんが、この辺は6ヶ月かけてじっくり分析してみたいと思います。



 今日の朝は、まずW-upを兼ねて15分間のランニングをし、この後、男女で練習が分かれたので、男子の方のグループに合流し、フィールドへ。



 ダイナミクスなドライランドからスタティックなドライランドを約30分行い、その後、女子グループと合流し、体育館でスタビライゼーションとヨガのような運動を30分行い、練習は終了しました、、、



 朝はスイムなしです、、、昨日の朝も大して泳いでないのに、、、




 フィールドから体育館に移動する時にちょっとだけ、女子グループの練習を見ました。




081009.3



 中国雑技団もびっくり!バランストレーニングの一環でしょうか?




 学校はさらっと流し、午後練へ




 現場責任者のような立場のポールヘッド・アシスタントコーチは、dec.+MAXの形の練習が大好きのようです。dec.で心拍数を上げ、ショートレストで短距離高強度を一発ドカン!セットレストを入れ、4~6ラウンド。こんなパターンが多いです。



 練習グループは、3つに分かれているので、グルグルと見て回っています。400m以上が専門の選手は結構泳ぎます。




 スプリントは、、、4000mくらいでしょうか。1日2回練習でトータル4000m、、、スプリントは同じ競泳でも特殊な異種な集団であること認識しなくてはいけません。




p.s.写真少なめですが、あしからず(謝)諸事情あり




 あ~陽があるうちに眠いzzz



See you NEXT !

ドタバタ

2008年10月09日 12:18






 アメリカ生活お決まりのドタバタ生活です。



 朝、5時30分



 約束の時間にプールへ




 が、プール入口のドアは閉まっている、、、、





 5時50分くらいまで待つも、開く気配がないので、アシスタントのポールコーチに電話、、、





 関係者用の勝手口があるらしく、そこから入場




 今日は、ウエイトトレーニングから始めるということだったので、トレーニングルームへ移動




 驚愕だったのは、朝の6時からガシャガシャ、マシーントレーニングをやっていた事です。


081008.1


 ひえーって思いました。



 日本じゃ、眠気眼じゃ怪我するだの、ウエイトルームは早朝に使えませんなど、示し文句を言われ、あまり習慣にありませんが、こっちはお構いなしって感じです。



 やっていたのは、ベンチプレス、スクワット、トライセプス、プルオーバー、アームレイズ、ステップアップ・レッグレイズなどなど。動作可動域は狭いですが、体格的に見ても比較的重い負荷でやっていました。


 内容濃い1時間のあと、選手全員がパックジュースのような物を飲んでいたので、何を飲んでいるのかと聞くと、プロテインドリンクだと言っていました。まあ基本ではありますが、、、



 その後、フィールドに移り、腹筋運動の数々、、、僕の知らない腹筋運動もやっていたので、後日、作用なども調べて掲載します。



 定番でいえばこんな感じです。

081008.2



 そして、学校へ、、、



 どうやら昨日受けたクラスは違うクラスだったようで、今日はさらにレベルの高いクラスへ入れられました、、、、いきなりスピーキングのテストで、アナウンスの質問に対し、英語で意見を録音機に録音して先生に提出する方式でした。



 語学学校が憂鬱な時間へ変わりそうです。どんだけ、クラス分けテストでいい点取ったのだろうかと思いました。新しいクラスには日本人も居なく、読み書きよりも聞く話すが出来る、欧州系、南米系の生徒が多いので、クラスにややついていけていませんが、あまり気負わず、のんびりやっていこうと思います。



 渡米3日で、朝練はチト厳しいです。USCは日曜以外毎日朝練があるので、これまた体を早く慣らしたいです。



See you NEXT !

初日

2008年10月08日 10:08






 今日はすべての始まりです。


 語学学校初日、何もかも分らない僕は、僕の1時間目の授業はどこですかと、受付の人に聞くと、


 "昨日プリントでお知らせしましたよね"とこちらに非があるような言い方をされ、プリントを見ると、AとかCとかアルファベットが書かれていました。このアルファベットが部屋番号を示すなんて、初めての人には分からないよと思いました。



 不親切だと思いました。



 サービス業をしている身としては、些細な事でも顧客に不親切と思われてしまうんだろうなと感じました。




 授業はというと、何レベルあるかは知りませんが、"High-Intermediate(上の中)"になり、以前のUCIでも授業よりも格段に早い口調の講義に"ついていけないかも"と思いましたが、徐々に慣れ、さらっと1日の授業を終えました。1日3時間で終わるのがありがたいです。



 授業後は、いよいよUSCの練習へ



081007.1


 写真でしか見たこと無かった、重いバケツを引きながら泳ぐトレーニング!!!



 意外にデカくて驚きました。バケツというかドラム缶のような大きさです。




 明日からは、朝練にも行きます。コーチは5時半集合で、どこか違う場所でトレーニングをすると言っていました。




 いや~いよいよ始まりました。今回は語学学校に注ぐ力は、テストにパスするくらいに抑え、水泳に専念します!



See you NEXT !

L.A. downtown 到着

2008年10月06日 11:30






 無事、到着しました。LAXに到着後、すぐにシャトルに乗り、車を受け取り、downtownに移動し、19時頃にドミトリーにチェックイン。明日から、語学学校の授業が始まるのは、非常にタイトなスケジュールです。



 downtownは、予想以上に危険な匂いがプンプンする街です。入居してすぐに警察のサイレンが鳴り出すし、ドミトリーの周りは、異臭がするし、、、




 アーバインがどれほど平和な街であったか、、、




 一番心配なのは、やっぱり車です。駐車場がなく、路駐をしなくてはいけないので、明日、仲介さんに交渉しなくてはいけません。一晩路駐するのも怖いくらいです。





 部屋は、質素の一言に尽きると思います。軽い罰ゲームを強いられているようで、ここで半年生きただけでも、相当の評価をしてもらいたいくらいです。




 とりあえず、明日は入学準備と、身の回りの準備で、練習に行ける環境になさそうなので、練習の様子は後々日となると思います。




 時差ですでに眠い、、、、




 が、、、、




 ベッドはあるが布団がない、、、、





 今夜は、バスタオルで寝ることになるのかな、、、、





See you NEXT !

お久し振りに

2008年10月04日 21:36






 久方振りの更新となりました。



 更新する時間は、すべて子供と遊ぶ時間にしていました。



081004.1


 青く広い横浜の空の元、家族一緒に散歩をし、一時の休日を堪能しました。



 
 さあ~っ、再びアメリカへ!



See you NEXT in USA !
 


RECENT ARTICLE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。